公に祈るのは聖書的ですか?公の場で祈ってもいいのでしょうか?



 

質問:公に祈るのは聖書的ですか?公の場で祈ってもいいのでしょうか?

答え:
公の祈りは多くのクリスチャンが格闘する問題です。聖書では多くの信者が、イエスご自身もされたように、公の場で祈ることで知られているので、公の祈りには何の悪いこともありません。 多くの旧約聖書の指導者たちは、国のために公に祈りました。ソロモンは全国民の前で、国のためと自分のために 祈りました。この祈りが主に受け入れられない祈りだということはどこにも記されていません。(1列王記8:22-23)イスラエルがバビロン捕囚から戻った後、エズラは、イスラエル人が真の神を礼拝することから離れたことを知って圧倒されて、主の家の前で、激しく泣いて祈りました。彼の祈りはそれほど熱烈だったので、「イスラエルのうちから男ヤ女や子供の大集団が彼の所に集まってきて、民は激しく涙を流して泣いた。」(エズラ10:1)とあります。

しかしながら、ハンナやダニエルの例にあるように、公に祈ることは誤解されるか、迫害される可能性すらあります。ほかのすべての祈りと同様に、公の祈りも正しい態度と動機で捧げなければなりません。聖書の例のいくつかを見ると、神に受け入れられて神に栄誉を帰す公の祈りのはっきりした絵が描かれてきます。

預言者サムエルの母ハンナは何年も子供が産めない女でした。聖書時代の女性によくある子供が産めないことの恥と迫害に耐えてきました。(1サムエル1:1-6)彼女は毎年神殿に行き、「つのる憂いといら立ちのために」熱烈に祈り、子供が与えられるようにと神に願いました。それを見ていた祭司エリが、彼女が酔っていると間違ったほどでした。(1サムエル1:10-16)

ここに公の祈りが誤解された例があります。ハンナの祈りは正しい祈りでした。彼女の心は正しい所にありました。彼女は自分に注意を向けようとしたのではないのです。単に、悩みと祈らずにはいられない必要性に圧倒されていただけでした。エリは彼女が酔っていると思いましたがそれは間違いでした。ダニエルの公の祈りは、彼の敵が彼を迫害して殺そうとたくらむ機会を与えてしまいました。ダニエルはダリウス王の長官の一人として仕事に卓越していました。それで、王が王国全体の頭にしようと考えていたほどでした。(ダニエル6:1-3)このことでほかの長官たちは非常に怒って、ダニエルを陥れる方法を探しました。彼らはダリウスをそそのかして、次の30日間は王以外の誰にも祈りをささげてはならないという命令を出すようにします。 命令に違反する者への罰は、ライオンの穴に投げ込むというものでした。しかしながらダニエルはいつものように、自分の寝室の窓を開けて誰からも見える所で、公に神に祈り続けました。ダニエルはほかの人から見えるだけではなく、敵にも明らかに見えるように祈ったのです。.彼は、彼の祈りで神が栄誉を受けるとハッキリ知っていました。それで、日常の習慣を変えなかったのです。彼は人の意見も脅かしさえも、主に従いたいという願いの上に置きませんでした。

マタイ6:5-7でイエスは私たちの祈りが正しいことを保証する二つの方法を教えておられます。まず第一に、祈りはほかの人に見られて、義とか〝霊的″だと思われる目的でするのであってはならないこと。 二番目に祈りは本物―心からのもので、単に無駄な言葉の繰り返しであってはならないこと。しかし、公に祈る人々を示す他の聖書箇所と比較したとき、これはいつも一人で祈ることを勧めているのではないことがわかります。問題は罪を避けることです。. 公の祈りをしている時、義人としてほかの人に見てもらいたい願望と戦ったり、その誘惑が忍び込んで来るのに気づく人たちは、一人の所で、隠れたところで褒美をくださる父なる神だけに祈るというイエスの方法に従うといいでしょう。イエスはパリサイ人たちの願望は人に義とみられることで、本当に神に話しかけているのではないと知っておられました。この祈りに関する言葉は、すべてのクリスチャンに罪を認めさせて、訓戒するためでした。しかし、すべての祈りが隠れた所でされなければならないと言う意味ではありません。

公の祈りは、神に栄誉を帰すもので,自己を忘れて、人に話すのではなく、真に神に話したいという願望に基づいたものであるべきです。以上の原則を犯さないで公に祈ることができれば、公に祈るべきです。しかしながら、もし、自分の良心が禁じるなら、隠れた所で一人で祈る祈りがより効果的だということはないのです。



日本語のホームページに戻る



公に祈るのは聖書的ですか?公の場で祈ってもいいのでしょうか?