神がいるという決定的な証拠はあるのでしょうか?



 

質問: 神がいるという決定的な証拠はあるのでしょうか?

答え:
この問いに対する答えは「決定的な」証拠というものが何を意味しているかによって大きく左右されます。私たちは、私たちが人に触れたり人を目で見たりするのと同じように、手を伸ばして神に触れたり目で見たりすることができるでしょうか。それはできません。しかし、神が現実の存在であり、神がその御言葉通りの方であると私たちが確実に知ることのできる方法は無数にあります。ここでは科学と聖書の両方を用いて神の存在を証明する手段を三つ、簡単に考察することにします。

1.因果の法則 この科学的法則は、すべての原因には結果が伴い、すべての結果には原因があると述べます。この法則はすべての科学の基盤となっています。従って、この法則は天と地の起源にも関係してきます。実際に、科学者たちは宇宙が永遠に存在してきたのではなく、ある時点における起源があったと同意しています。

相対性理論は、科学者たちの間でほぼ普遍的に受け入れられていますが、この因果の法則と密接に関係しています。一つには、時間、空間、物質、物理的エネルギーによって定義される宇宙には始まりがあり、それは永遠なるものではないということです。そして科学者たちが宇宙の発達をその真の起源、つまりそれが実際に生じた時点である「特異点」と呼ばれるものにまで遡って突きとめることができるのは、アインシュタインの方程式によるのです。科学は、宇宙には実際に始まりがあったということを証明しています。ということは、宇宙に歴史上の起点があったのならば、明らかに宇宙は存在し始めたことになり、その存在を起こした要因がなければならなかったということになります。

そのため、宇宙が発生するために何らかの要因が必要なのであれば、その要因は宇宙、すなわち時間、空間、物質、物理的エネルギーを超えたものでなければなりません。その要因とは、クリスチャンが「神」と呼ぶものに類似した何かであるはずです。今の時代においておそらく最も有名な無神論擁護者であるリチャード・ドーキンスでさえも、雑誌『タイム』の記事の中で「何か信じられないくらい壮大で理解しがたく、現在の私たちの理解を超えるものがあるかもしれない」と認めました。そうなのです。そしてそれが神なのです!

この宇宙論的証拠は以下の命題によって最も適切に要約することができます。
(1) 何であれ存在し始めるものには、その存在を起こす要因がある。
(2) 宇宙は存在し始めた。
(3) よって、宇宙にはその存在を起こした要因がなければならない。
(4) 宇宙の要因の特質(時間を超越している、空間の外側に存在する、など)は神の特質である。
(5) それゆえ、宇宙の要因は神であるに違いない(創世記 1:1)。

2.目的論の法則 目的論は自然現象における意図や狙いを研究するものです。この科学法則が本質的に意味しているのは、ある物体に目的、目標、あるいは意図が織り込まれているとき、それには設計者がいたにちがいないということです。簡単に言うと、物体は自らを設計しないということです。これは宇宙にある物体にも当てはまり、宇宙には設計者がいなければならなかったことを証明しています。

例えば、地球は太陽を周回するにあたって、18マイルにつき、わずか9分の1インチ(約0.28cm)ずつの割合で直線からずれていきます。これは人間的に言えば非常に真っ直ぐな線です。もしもその軌道が18マイルごとに10分の1インチ(約0.25cm)ずつ変化したとしたら、地球の軌道はずっと大きなものになり、私たちは皆凍死してしまいます。また、もしも8分の1インチ(約0.32cm)ずつ変化したとすると、私たちは焼死してしまいます。太陽の内部はおよそ2000万℃で燃えています。もしも地球が太陽から10%遠ざかったら、私たちはじきに凍死することになります。逆に10%近づいたら、私たちは焼けて灰になってしまうでしょう。私達はそのような精密さが「偶然に起こった」と信じるべきでしょうか。ちょっと考えてみてください。太陽は地球から9300万マイル離れていますが、それは絶好の距離となっています。これは偶然に起こったのでしょうか、それともそのように設計されたのでしょうか。神は壮大な設計者であると詩篇作者が示唆したのも不思議なことではありません。「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す。その上るのは、天の果てから、行き巡るのは、天の果て果てまで。その熱を、免れるものは何もない。」(詩篇 19:1, 6)

3.確率の法則と預言の成就 聖書には、イエスと教会に言及する預言が1093件あります。そしてそれらの預言の一つ一つが成就しているのです! 旧約聖書にはイエスの十字架刑に関連する預言が48件含まれています。いくつかの出来事が同時に、あるいはほぼ同時におこる可能性を計算するために確率の法則を適用する場合、すべての確率を掛け合わされなければなりません。例えば、ある一つの事象が無作為に起こる確率が5度につき1度であり、別の事象が起こる確率が10度につき1度であるとすれば、両方の事象が共に、あるいは次々と順に起こる確率は1/5に1/10を乗じ、1/50となります。

一千年に及ぶ期間に亘って、別々の離れた地域社会に生きていた幾人かの異なる預言者たちによって、キリスト誕生の500年前にキリストについての予測がなされたという事実を考えるとき、これらの預言が実現する確率は私達の理解を超えたものでしかありません。例えば、一人の人間(イエス)が彼に関する預言のうちの8件だけでも実現する確率は1017に1(つまり0.000000000000000001)です。

では、どうでしょう。テキサス州全土を2フィート(約61cm)の高さ分の1ドル硬貨で覆うとします。州全体を覆うのに必要な1ドル硬貨の数は10の17乗となります。一枚の1ドル硬貨に「X」印をつけて飛行機から落とします。そして州全体のすべての1ドル硬貨をしっかりとかき混ぜます。それからある人に目隠しをして、彼にテキサス州内のどこでも好きな場所に旅をする許可を与えます。その人はどこか途中で立ち止まって、2フィート積もっている1ドル硬貨の中に手を伸ばし、「X」印のついた一枚の硬貨を取り出さなければなりません。その人にそれができる可能性はどれくらいあるでしょうか。それは、その預言者たちの預言のうち八つのものが、未来においてある一人の人間のうちに成就される確率に等しいのです。

聖書はその預言の成就をもって神の存在を証明しています。確率の法則と、預言実現の数学的な確率とによって、私たちは確かに神なる設計者であり聖書の著者であるお方がいたことを知ることができます。宇宙を生じさせたのと同じお方が。「あなたが心の中で、『私たちは、主が言われたのでないことばを、どうして見分けることができようか』と言うような場合は、預言者が主の名によって語っても、そのことが起こらず、実現しないなら、それは主が語られたことばではない。その預言者が不遜にもそれを語ったのである。彼を恐れてはならない。」(申命記 18:21-22)

終わりに、宇宙の創造主であり救いの創始者であられる神が、私たちにこう告げておられます。「遠い大昔の事を思い出せ。わたしが神である。ほかにはいない。わたしのような神はいない。わたしは、終わりの事を初めから告げ、まだなされていない事を昔から告げ、『わたしのはかりごとは成就し、わたしの望む事をすべて成し遂げる』と言う」(イザヤ書 46:9-10)。



日本語のホームページに戻る



神がいるという決定的な証拠はあるのでしょうか?