イエスが平和の君(イザヤ9:6)というのはどういう意味ですか?



 

質問: イエスが平和の君(イザヤ9:6)というのはどういう意味ですか?

答え:
メシヤが来られるというイザヤの預言で、イザヤは言っています。

「一人のみどりごが、私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な預言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。 」(イザヤ9:6)

戦争と暴力であふれた世界で、イエスを、人間の歴史に働かれる全能なる神、平和の表現として見るのは難しいのですが。しかし、肉体的安全と政治的一致は必ずしも、イエスの言われるような平和を反映してはいないのです。(ヨハネ14:27)

へブル語で平和を意味する語、シャロームは、しばしば個人、グループ、又は国家の平穏と落ち着きの見かけのことに使われます。 ギリシャ語の. eirene は、「統一、調和」という意味で、パウロはこの言葉を新約聖書の教会の目標を述べるために使っています。しかし、もっと深い、基本的な〝平和”の意味は、個人的に神との和解によってもたらされる霊的な調和“ なのです。

私たちの罪深い状態では、私たちは神の敵です。(ローマ5:10)「しかし、私たちがまだ罪人であった時、キリストが私たちのために死んでくださったことにより、神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」(ローマ5:8) キリストの犠牲のゆえに、私たちは神との平和な関係をもとに戻すことができるのです。(ローマ5:1)これは、私たちの心と私たちの創造者の間にある深い変わらぬ平和のことで、誰も奪うことのできない平和なのです。(ヨハネ10:27-28)そして「平和の君」としてのキリストのわざの最終的な成就です。

しかし、キリストの犠牲は永遠の平和だけではなくもっと備えてがあります。それは聖霊、導きを約束される助け主である聖霊と関係を持つことを許されるのです。(ヨハネ16:7,13)さらに、聖霊は私たちのうちにご自分を現して、自分だけでは不可能な生き方をさせてくださいます。私たちの人生を愛、喜び、平和で満たしてくださいます。(ガラテヤ5:22-23) この愛、喜び、平和は信者の生活に働かれる聖霊の結果です。それは、私たちのうちにおられる聖霊の存在を反映しているのです。その最も深い生き生きした結果は 私たちが愛、喜び、神との平和に生きることができることなのですが、他の人との関係にも影響を与えずにはいられません。

そして、特に神が私たちに、他の信者と謙遜、優しさ、忍耐をもって接するようにと言われるので、それは非常に必要なのです。「平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心にたもしなさい。」(エペソ4:1-3) この目的と優しさにおいて一致を保つのは、私たちのうちにおられる聖霊の働きと神との平和なしには不可能です。感謝すべきは、御子の犠牲です。

皮肉にも、平和の最も軽い定義である見かけの平穏を造りだして保つことは最も困難です。私たちは神との霊的平和を得て保つために、何もしていません(エペソ2:8-9) 他の信者との一致を保つことは非常に難しいことではあるのですが、自分の人生で平安の中に生きることは、しばしば不可能としか思えません。

平和であることが簡単だという意味ではありません。イエスは絶対に易しいことを約束されませんでした。事実、イエスは私たちに艱難(ヨハネ16:33)と試練(ヤコブ1:2)を期待しなさいと言われました。しかし、イエスは、私たちがイエスに頼るなら、「人のすべての考えにまさる神の平安」(ピリピ4:6-7)をも約束されました。 私たちはどんな困難に直面しても、私たちは、力強い神の愛から来る平安を願うことができます。それは私たちの力や周りの状況には関係ないのです。



日本語のホームページに戻る



イエスが平和の君(イザヤ9:6)というのはどういう意味ですか?