結婚する前に子供ができたら結婚するべきですか?



 

質問: 結婚する前に子供ができたら結婚するべきですか?

答え:
現代社会で婚前交渉は当たり前になってしまい、自称キリスト者の人々もそれを罪とも思わなくなってしまっています。私たちの文化は人類は結婚まで性交渉する事を待つ自制心を持っていないと決めつけ、結婚まで待つという概念は非現実的とみなされるようになりました。しかし、神の御言葉は変わる事がなく、結婚外の性交渉は罪であると教えています(マタイ15:19; 1コリント6:9, 6:13, 7:2; 2コリント12:21; ガラテヤ5:19; エペソ5:3)。

キリストに対する信仰を持つ、新生されたキリスト者は誰でも自分自身が自分のものではない事を知っています。第一コリント6:18-20には「不品行を避けなさい。人が犯す罪はすべて、からだの外のものです。しかし、不品行を行う者は、自分のからだに対して罪を犯すのです。あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。ですから自分のからだをもって、神の栄光を現しなさい。」と書いてあります。

神の結婚、性、家族についてのご計画を無視する事は聖霊を悲しませ(エペソ4:30)、罪悪感、恥、後悔を感じ、自分や他人に対する尊敬を失い、家族やキリスト者の交わりを引裂き、醜い模範を残し、将来の配偶者の苦痛を招き、望まれない妊娠、中絶、性病など、霊的、感情的、また物理的な結果を招きます。神は夫婦間の深い愛の表現のために性を創造されました。肉体的快楽のためだけに用いられる性は私たちの霊性を傷つけ、私たちを神との交わりから引き離してしまうのです。

婚外性交渉という罪を犯した人は、それが望まれない妊娠という結果を招いたとしても、皆赦しを得る事ができます。第一ヨハネ1:9には「もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。」と書いてあります。これは神が罪の招いた地上での結果を消し去るというわけではありませんが、罪を言い表し、悔い改めるならば-これは罪から振り返り、キリストを愛し、キリストに仕えるという決心をする事を指しています。-霊的に回復を受ける事ができます。

出産前に結婚する方が賢いケースもいくつかあります。例えば、結婚する予定であった二人が婚前交渉の罪を犯し、子供ができたとしたら、出産前に結婚する方が家族にも、子供にもやさしいでしょう。しかし結婚する気のなかった二人が婚前交渉の罪を犯し、子供ができたから結婚をしても彼らが神の前に正しくなるわけではありませんし、彼らの結婚生活は厳しい物になるでしょう。聖書にはこれらの人々が結婚するべきとか、しないべきとは書いてありませんが、彼らには生まれてくる子供を霊的、感情的、経済的に支える義務があります。

行いを通して神の前に正しくされる人はいません。私たちはイエスキリストが罪から救って下さるという信仰によって救われるのです。聖書には「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」 (ローマ 6:23)と書いてあります。神は私たちが自分の力で失敗を無効にしようとする事は望んでおらず、私たちが心を捧げる事を望んでおられます。自分を全てを統治しておられる神に委ねる事によって、地上生涯を全うし、天国の永遠のいのちの希望を持つ事ができるのです。



日本語のホームページに戻る



結婚する前に子供ができたら結婚するべきですか?