聖書は御使いに祈ることを奨励しているでしょうか、それとも禁じているでしょうか。?



 

質問: 聖書は御使いに祈ることを奨励しているでしょうか、それとも禁じているでしょうか。?

答え:
「あなたがたは御使いに祈ってはならない」と明記している聖句は一つもありませんが、私たちが御使いたちに祈るべきではないことは極めて明白です。祈りは詰まるところ、礼拝の一形態です。そして、御使いたちが私たちに礼拝されることを拒む(ヨハネの黙示録 22:8-9)のと同様に、彼らは私たちの祈りも拒むはずです。礼拝や祈りを神以外の誰かに捧げることは偶像崇拝なのです。

また、御使いたちに祈ることがなぜ間違っているかという理由には、実践的なもの、神学的なものがいくつかあります。キリスト自身が、決して父なる神以外の何者にも祈りはしませんでした。弟子たちに祈りを教えてほしいと請われたとき、キリストは次のように教えました。「 だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。…』」(マタイの福音書 6:9; ルカの福音書 11:2)。御使いに祈ることが、キリストの弟子として私たちが従事するべきことであるとしたら、キリストはこの場面でそう言っていたはずです。明らかに、私たちは神にのみ祈るべきなのです。これはマタイの福音書 11:25-26においても明らかです。ここでのキリストの祈りは次のように始まります。「 天地の主であられる父よ。あなたをほめたたえます。…」イエスは、その祈りを父なる神への語りかけによって始めるだけではなく、その祈りの内容も、たいてい、全知、全能、偏在の力を有するお方によってのみ与えられる助力を要請するものとなっています。御使いたちは造られたものであって、これらの力を持ち合わせてはいないのですから、御使いたちに祈っても効果はありません。

イエスはヨハネの福音書 17:1-26で、ご自分に従う者たちのために、聖化、栄化、保護を含め、父なる神からの多重の祝福を求めて祈っています。繰り返しますが、御使いたちにはこのような力はありません。御使いたちには私たちを聖化することはできず、私たちを栄化することもできず、キリストにある私たちの相続を保障することもできません(エペソ人への手紙 1:13-14)。

二つ目に、ヨハネの福音書 14:13で、キリスト自身が、私たちがキリストの名によって求めることは何でもしてくださること、それはキリストが直接御父に願うからであることを信じる者たちに告げています。御使いたちに祈りを捧げても、聖書によって導かれた効果的な祈りには及びません(ヨハネの福音書 16:26参照)。御使いも、その他のどんな被造物も、決して、父なる神 にとりなす者として描かれてはいません。御子と聖霊だけに(ローマ人への手紙 8:26)父なる神の御座の前でとりなすことができるのです。

終わりに、テサロニケ人への手紙 第一 5:17は、信じる者に、絶えず祈ることを命じています。 これは、信じる者が、常に臨在し、一人ひとりの願いを同時に聞くことのできる神に接することができる場合にのみ、可能となるのです。御使いたちにはこの能力はありません。彼らは偏在せず、全能でもありません。ですから、私たちの祈りを受け取るための資質がありません。 キリストを通して御父に祈ることだけが、私たちが神と通じ合うことのできる唯一の必然かつ効果的な手段なのです。そうです。御使いたち



日本語のホームページに戻る



聖書は御使いに祈ることを奨励しているでしょうか、それとも禁じているでしょうか。?