聖書を祈ることは他の祈り方よりも効果的なのでしょうか?


質問: 聖書を祈ることは他の祈り方よりも効果的なのでしょうか?

答え:
ある人たちは、聖句を用いて祈ることは効果的な祈りの方法だということを見つけました。“聖書の聖句を祈って神に戻す“ ことは心を集中させる助けになり、祈りの主題が神に喜ばれるのを確信する助けになるように思えます。

ヤコブ5:16は、「、、、義人の祈りは働くと大きな力があります。」と言っています。1ヨハネ5:14-15は、「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いて下さるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願うことを神が聞いて下さると知れば、神に願ったそのことは、すでにかなえられたと知るのです。」と言っています。 ”効果的”と言うことばの意味は、〝願った結果を産み出すのに十分である”です。 〝熱心に”と言う言葉は,“絶え間ない、猛烈な、真剣な”と言う意味です。ヤコブとヨハネの二人は私たちの祈りが効果的であるためには、祈りが猛烈で意味のある者で、またみこころに同意するものでなくてはいけないと言っているのです。

私たちの祈りが御心に叶っていると知る一つの方法は、私たちの心を表現する特定の聖書の箇所を祈ることです。聖書を、ことばそのものに力があるかのように無意味に繰り返す魔法の唱える連呼として使うべきではありません。祈りの力は神だけから〝熱心な”心に届くのです。しかし、私たちの心にあることを表現する命令や約束を見つける時、それを祈りの中で使うと、私たちは神と同意していることを知るのです。 それは結局神のことばなのですから。みことばを暗記し、聖書を黙想すればするほど、それは私たちの一部になります。祈っている時、私たちが学んできた真理が頭に浮かんで、しばしばそれが私たちが探している答えになります。 しばしば何を祈っていいかわからない時、聖書がことばを与えてくれます。詩篇には何百もの祈りがあります。その多くは私たちの考えをすでにことばにしているのです。

イエスは私たちに効果的祈りの模範を示しておられます。イエスの記録された最も長い祈りはヨハネ17章にある"大祭司の祈り”です。最初に私たちが気付くのは、イエスと御父が一つの霊であることです。「父よ。時が来ました。」で始まっています。 父なる神が知らないことを何も言われていません。 それよりもイエスは御父と同意していることを認めておられるのです。イエスは熱心な祈りで多くの時間を費やしてこられたので、御父の心を知っておられました。それこそが効果的な祈りの目標です。:神の心を理解し、私たち自身の心を御心に合わせること。 自分のことばを使うか、2000年前に誰かによって記録されたことばを使うか、いずれにしろ効果的な祈りのカギは、その祈りが心からで、御心を求める祈りであることです。

個人的な献身の行為として聖書で祈ることは、私たちが効果的に祈っていることを知る良い方法です。例えば、ガラテヤ2:20を取って、献身の祈りとして使うことができます。そのような祈りはこのようになるかもしれません。:「天のお父様、今日私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。 私が今日生きているいのちは私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によって生きるのです。」 このように祈る時、私たちは神の心を取って自分の道標とするのです。ことばに何の魔法もありませんが、みことばを自分の模範として使うとき、私たちは御心によって祈っていることを知ることができます。

聖書のすべての箇所が特に自分たちの状況のために書かれているかのように、聖書を取り扱わないように気を付けなくてはなりません。ただその個所が私たちにとって真実であってほしいと思って、聖句を前後関係から切り離して考えることはできません。例えば、第2歴代誌1:11-12で、神はソロモンに「富、財宝、誉れ」を約束されました。しかし、私たちはその聖句を神が私たちに約束されたかのように祈ることはできません。自分に適用したい 孤立した聖句を探し、それを自分のものとして取ることはできません。 しかしながら、時には、神がある聖句を、私たちへのメッセージとして印象を与えられることもありますが、その時にはそれについて祈るべきです。

もしすべての聖句を私たちの生活に直接影響するかのように適用しようとすると、問題が起きます。例えば1サムエル15:3のような聖句:「今行って、アマレクを打ち、そのすべてのものを聖絶せよ。,、」聖書を読むとき、必ず前後関係を考慮して、見つけた原則からもっと神について学ぶべきです。神はあの箇所を用いて、私たちの内にある世的なものを徹底的に滅ぼして何も残らないようにと、私たちに語られているのかもしれません。その場合、“主よ。イスラエル人にアマレクの悪を代表するすべてのものを滅ぼせと命令されたように、私も自分の中にある偽物の神々を すべて徹底的に捨てて、あなただけが残るようにしたいと思います。彼らがその土地をきよめたように、私の心をきよめてください。″と言う風に祈ることができます。

効果的で熱心な祈りは、聖書から、又は私たちの心の奥深い所から来ることもあります。私たちが成長するにつれて、目標はこの二つの祈りの方法が密接に関連することです。十字架上でのひどい苦しみの中でさえ、イエスは、詩篇22章からのことばを叫ばれました。「わが神、わが神。 どうしてわたしをお見捨てになったのですか。」多くの学者たちは、イエスは十字架にかけられておられる間、この詩篇全部を引用して、死にあってさえも神への礼拝の行為としてこの詩篇を神に祈りで返されたのだと信じています。 私たちが聖書を学んで、個人的にすればするほど、私たちの祈りは御心を反映して、より効果的になるのです。

English
日本語のホームページに戻る
聖書を祈ることは他の祈り方よりも効果的なのでしょうか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける