死者に祈る/死者と話すことについて聖書は何と言っていますか?



 

質問:死者に祈る/死者と話すことについて聖書は何と言っていますか?

答え:
死者に祈ることは聖書では固く禁じられています。申命記18:11は誰でも、「死人に伺いを立てる 」者は「主が忌み嫌われる」と言っています。サウルが霊媒に相談して死んだサムエルの霊を呼び出す話では、サウルの死という結果になりました。彼が主に忠実でなく 、主のみことばに従わず、霊媒に相談したからです。(1サムエル記28:1-25;1歴代誌10:13-14)明らかに神はそのようなことはあってはならないと宣言されています。

神の性格を考えてみてください。神は遍在です。― 同時にあらゆる所におられる― だから、世界中のすべての祈りを聞くことができます。(詩篇139:7-12) その反対に人間はこの性格を持っていません。 それに、神は祈りに答えることができる唯一のお方です。 このことに関して、神は全能―すべての力がある(黙示録19:6)―です。 確かにこれは人間―生きていようが死んでいようが―にはない性格です。 最後に、神は全知―神はすべてのことを知ってお  られる(詩篇147:4-5)―です。私たちが祈る前にさえ、神は私たちが本当に必要な物 は何か私たちよりもよく知っておられます。神は私たちの必要を知っておられるだけでなく、私たちの祈りに完全な御心に応じて答えられます。

それで、死んだ人が祈りを受けるためには、その死人はその祈りを聞き、それに答える力を持たなければなりません。そして、祈っている人に一番良いやり方で答える方法を知っていなければなりません。神だけが祈りを聞いて答えることができます。なぜなら神の完全な本質、神学者たちが〝宇宙における神の内在性“と呼ぶ性質のゆえにです。 これは、神が人間のことに直接関係を持つようにする神の質のことです。(1テモテ6:14-15)祈りに答えることも含まれています。

人が死んだ後にも、神はまだその人とその行先に関係しておられるのです。へブル書9:27はそういっています。「人は一度死ぬことと、死後にさばきを受けることが定まっている」キリストにあって死んだ場合は、主と共にいるために天国に行きます。(2コリント5:1-9、特に8節)もし罪を持ったまま死んだラ、その人は地獄に行き、最終的に地獄にいるすべての人が火の池に投げ込まれます。(黙示録20:14-15)

苦しみの中にいる人は祈りを聞くことも祈りに答えることもできません。神と共に天国で喜びに満ちている人もそれはできません。もし永遠の苦しみの中にいる誰かに祈るなら、祈りを聞いてそれにその人が答えてくれると期待するべきでしょうか? 同じように、天国にいる人が一時的な地上の問題に関心を持つでしょうか?神は人間と神との仲介者としてご自分の御子を 備えてくださいました。(1テモテ2:5)イエスキリストが私たちの仲介者なので、私たちはイエスキリストを通して神の元へ行くことができます。ではなぜ、罪深い死んだ人を通して行きたいと思うのでしょう? 特にそうすることで神の怒りを招くことになる危険性があるのに。



日本語のホームページに戻る



死者に祈る/死者と話すことについて聖書は何と言っていますか?