ヤべツの祈りとは何ですか?



 

質問:ヤべツの祈りとは何ですか?

答え:
ヤべツの祈りは、系図の中にある歴史の注意書きに見ることができます。「ヤべツは彼の兄弟たちよりも重んじられた。彼の母は、『私が悲しみのうちにこの子を産んだから』と言って彼をヤべツという名をつけた。ヤべツはイスラエルの神に呼ばわって言った。『私を大いに祝福し、私の地堺広げてくださいますように。御手が私と共にあり、災いから遠ざけて私が苦しむことのないようにしてくださいますように。』そこで、神は彼の願ったことをかなえられた。」(1歴代誌4:9-10)

ヤべツについては、彼がユダの子孫で、尊敬されるべき人であったこと、彼の出産が苦しかったので、母親が彼を〝ヤべツ″(悲しみ、悲しみを作る者と言う意味)と名付けたということ以外あまり知られていません。ヤべツはその祈りの中で、神に叫んで、守りと祝福を求めました。 言葉のあやかりを用いて、ヤべツ,”悲しみの人”は、その名の通りの、またその予言された悲しみから守られるようにと神に叫び求めました。

ヤべツの祈りには、4つの事柄の緊急な求めが含まれています。1) 神の祝福。ヤべツはイスラエルの神がすべての祝福の源泉であることを認識し、神の恵みを求めます。この求めは、疑いなく、少なくとも一部には、アブラハムとその子孫たちへの神の恵みの約束に基づいています。(創世記22:17)

2) 地堺の拡大。ヤべツはすべての自分の努力が勝利と繁栄になること、人生がすべて増大すると言う特徴を持つようにと祈っています。

3) 神の御手があるように。つまりヤべツは自分の日々の生活に神の導きと力が明白に現れるようにと願っています。

4) 危害からの保護。イエスは弟子たちにこのように祈りなさいと教えておられます。「天にいます私たちの父よ.。、、、私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。」(マタイ6:9、13)ヤべツは自信をもって、自分の守護者としての神を見上げました。

ヤべツの祈りの目的は悲しみから解放されることでした。彼について最後に読むのは、神が彼の祈りを聞いて答えてくださったことです。ソロモンの知恵を求めるへりくだった祈りのように(1列王記3:5-14) ヤべツの敬虔な祝福を求める祈りは、答えられました。ヤべツが楽しんだ成功は始めのころの悲しみよりもまさっています。ヤべツの祈りは、ヤべツと言う名前を克服したのです。



日本語のホームページに戻る



ヤべツの祈りとは何ですか?