祈祷会の価値(重要性)は何ですか?


質問: 祈祷会の価値(重要性)は何ですか?

答え:
教会が始まった時から、クリスチャンは集合して祈りました。(使徒伝4:24;12:55;21:5)教会全体としても、参加する個人にとっても祈祷会は重要でした 。

祈りは神は個人的だと信じ、神と個人的な関係を持ちたいと思う人々だけのためです。 クリスチャンは祈りは効くと知っています。なぜなら、クリスチャンは、「わたしに話せ。わたしは聞いている」と宣言される神との出会いを経験したことがあるからです。使徒ヨハネはこのことを確信させています。「何事でも神のみこころにかなう願いをするなら、神はその願いを聞いて下さるということ、これこそ神に対する私たちの確信です。私たちの願うことを神が聞いて下さると知れば、神に願ったその事は、すでにかなえられたと知るのです。)(ヨハネ5:14-15) .

私たちの祈りを通して、特に互いに、イエスに置いた信仰を現わし、また証明しているのです。 偉大な牧師で多作な作家であるアンドリュー.マレーは、「祈りはおもに、ほとんど完全に私たちが誰に祈っているかによって決まる。」と言いました。私たちは互いに祈る訓練を通して私たちがより深い神との親密さを発達させるのです。そして互いに霊的なきずなを造ります。これが一緒に祈る最も価値のある面の一つです。

もう一つの祈祷会の重要な利点は、お互いに罪を告白することです。祈祷会は「互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさいいやされるためです。」(ヤコブ5:16)と言う命令に従う機会を与えてくれます。ここで、ヤコブは必ずしも肉体的癒しのことを言っているのではないのですが、どちらかと言うと、霊的回復のことです。(へブル書12:12-13)ヤコブは神の赦しの事にも言及しています。神の赦しは信者をもう一度霊的に完全にすることができます。ヤコブは群れから離れた人は罪の危険に最も影響を受けやすいことを知っていました。 神は神の民が互いに励まし合い、支え合うことを望んでおられます。愛のある交わりと相互の正直さと告白によって、互いのために一緒に祈り合うことです。そのような親しい交わりは霊的な強めと罪に対する勝利をもたらす助けになります。

もう一つの祈祷会の大きな価値は、信者が互いに、忍耐深くあるように励ますことができることです。私たちはみな障害物にぶつかります。しかし、クリスチャンとして互いに分かち合い祈り合うことで、私たちはしばしば他の人がその霊的生活においてがっかりしないように助けることができるのです。 団結した祈りの価値は心を統一させる力にあります。神の前で、兄弟姉妹のために祈ることは霊的に互いを結び付ける効果があります。「互いの重荷を負い合う」ことで、私たちは「キリストの律法を全う」するのです。(ガラテヤ6:2) 祈りがあるところには一致があります。それはイエスがイエスに従う者がするようにと熱心に祈られたことです。(ヨハネ17:23)

他の何よりも祈祷会は変化をもたらします。互いに祈ることで信者は神が起こされる奇跡や心の変化を目撃することができます。

信者がより深い親密さと神の御座で神との静かな会話を探求する時、祈祷会は本当に価値ある時間なのです。祈祷会は.神の御前でほかの信者と統一する時です。 それは私たちのまわりの人たちと重荷を負い合って、世話をする時です。また、それは絶対に終わらない神の愛と、神を愛する者たちと伝達したいという神の願いを現わされる時なのです。

English
日本語のホームページに戻る
祈祷会の価値(重要性)は何ですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける