祈りに関係してろうそくを使ってもいいのでしょうか?


質問: 祈りに関係してろうそくを使ってもいいのでしょうか?

答え:
祈る時、又はその他の何をするにしても、ろうそくを点けてはいけない理由は聖書のどこにもありません。ろうそくは無生物です。ろうそくには何の力も、神秘的、超自然的能力もありません。ろうそくは、ろうと多分香りがついたひも 以上の何物でもありません。

ろうそくとその他の明かりはイエスが世の光であることを思い出させることができます。ろうそくは「あなたがたに光がある間に、光の子供となるために、光を信じなさい。」(ヨハネ12:36)と言うことばを私たちに思い出させてくれます。 祈る時にろうそくに火を点すことは私たちの祈りに焦点を当て、私たちの思いを世の光であるイエスに向けさせることもできます。

しかしながら、ろうそくができないことは私たちの祈りに同行して天に昇ったり、私たちの祈りをより強くしたり、効果的にしたり、祈りに何かを付け加えたり、またどんな方法でも私たちのために祈ることはできません。例えば、ローマカトリックの教会では燃えているろうそくは 祈っている人が教会を去ってしばらく後でもその願いがずっと続いていると考えられています。これは非聖書的です。祈りは天の父なる神との会話です。つまり、同じ聖霊を持っている生きた意識のある反応し合う二人の間の会話なのです。ろうそくがそのような関係の間に入ることはできません。

ろうそくは様々な種類の礼拝の儀式に用いられています。魔女、呪術師、カトリック、ニューエイジ主義者、あるプロテスタント、ユダヤ教徒、、仏教徒、ヒンズー教徒などもみな礼拝にろうそくを用います。灯明キャンドルを点すことも、また神秘性、神秘主義と体験を通しての現実 に入ることなどを信じる最近現れてきた礼拝の傾向と一貫しています。

結局、祈る時ろうそくを使うのは、それだけでは問題ありません。危険なのは単にろうそくにない力があるとみなすことです。

English
日本語のホームページに戻る
祈りに関係してろうそくを使ってもいいのでしょうか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける