実用的的神学とは何?


質問: 実用的的神学とは何?

答え:
実用的神学とは、その名前が暗示しているように、神学を有益にする意図で、又は適用できる方法で学ぶことです。別のことばで言えば、神学を関連した毎日の関心ごとに用いるために学ぶことです。ある神学校では、実用的神学のプログラムを説明するのに、「神学の洞察の実用的適用に専念する」と述べています。そして「一般的に、牧師論、説教学、クリスチャン教育などの副学科を含みます。」 別の神学校は、実用的神学の目的は「学んだ知識を人々のために効果的ミニストリーとして実行に移すために学生が準備するのを助けること」としています。 これをするためには、教会内での管理と教育のミニストリーと同様に、個人的家庭生活が関係してきます。 実用的神学の目標は、仕える者としてのリーダーである一方、信者の霊的成長のためのビジョンを持つ聖書の効果的伝達者を発育することと言っています。

実用的神学は、クリスチャン生活の教理のより技術的な名前だという人たちもいます。それが、強調しているのは、聖書のすべての教えが現在の世界に生きる私たちの生き方にどのように影響するべきかです。 実用的神学の強調は、単に神学的教理を熟考、又は理解するだけではなく、それらの教理を 日々のクリスチャン生活に適用する以上に、“世界が神が意図されたような世界になるように貢献すること”です。

実用的神学のプログラムの前提は、将来のクリスチャンリーダーたちは単に神学的知識を持つだけではなく、現代世界に効果的に奉仕するための必要な専門的技術も持っていなければならないことです。これらのプログラムには、未来のクリスチャンリーダーたちを整えて準備させるための機会を備えるために、クリスチャン教育、カウンセリングと臨床実習プログラムなどをしばしば用います。

English
日本語のホームページに戻る
実用的的神学とは何?