ポストモダンキリスト教とは何?



 

質問: ポストモダンキリスト教とは何?

答え:
ポストモダンキリスト教は、ポストモダン主義と同じくらい簡潔には定義しにくいものです。建築様式において、近代家の考えと様式に対する反動として1950年に始まったものが、すぐに1970年~1980年には芸術と文学の世界に採用されました。教会は、1990年代まではこの影響を実際に感じませんでした。 この反動は、”暖かい、あいまいな主観主義”を好んで、”冷たい,堅い事実”の消滅でした。何でもポストモダンと思われるものを考えて、その中にキリスト教を入れて見てください。ここにポストキリスト教が何かを見るのです。。"

ポストモダンキリスト教は、基礎的なポストモダン主義者の考えに並列しています。それは、理性よりも経験、客観よりも主観、宗教よりも霊性、ことばよりもイメージ、内面よりも外見についてです。 何が善で、何が悪か?モダン(近代)主義に対する反応が個人の信仰をどれだけ聖書の真理からかけ離させるかによります。 これは、もちろんそれぞれの信者によります。しかしながら、この考えのもとにグループを作ると、その神学と教理はどちらかと言うとリベラル主義に傾きます。

例えば、経験が理性よりもはるかに高く評価されるので、真理は相対的になります。そうなると、聖書が絶対的真理であるという水準が低くなり、多くの場合、聖書の真理が絶対的ではないということにさえなって、様々な問題が生じます。もし聖書が私たちの絶対的な真理の源でないなら、個人的体験で実際、真理とは何か の定義と解釈が許されることになり、救われるためのにキリストに置く信仰は無意味になってしまいます。

現代の地球に人類が住んでいる限り、必ず考え方に”模範変化”があります。なぜなら、人間はいつも知識と才能において改善を追及し続けているからです。私たちの考え方にチャレンジすることは、私たちを成長させ、学び、理解させるようになるので、良いことです。そこにローマ12:2の原則、心の一新という原則が働いているのです。 それでも、使徒伝17:11を頭に入れておく必要が大いにありま。。ベレヤの人々のように、すべての新しい教え、新しい考えを聖書に照らし合わせて考えなければなりません。自分の体験によって聖書を解釈せずに、私たちが変えられてキリストに従うようになるにつれて、私たちの経験を聖書によって解釈するのです。残念ながら、ポストモダンキリスト教を支持する人たちの間では、このことは起こっていません。



日本語のホームページに戻る



ポストモダンキリスト教とは何?