聖書は人口規制について何と言っていますか?


質問: 聖書は人口規制について何と言っていますか?

答え:
聖書は人口規制について何も言ってません。その代わり、人間は〝産めよ,増えよ。"と言っています。(創世記1:22、28)詩篇127:3-5では、子供たちは、神の賜物で、胎の実は報酬であると教えています。

この記事が書かれている時、世界人口は71憶あります。アメリカ合衆国のテキサス州だけでも、2.3兆平方メートルの土地があります。つまり、 理論的には世界の人口の一人ひとりがテキサス州に住むことができるということです。一人が約322平方メートルの土地 に住めることになります。一家4人だと1288平方メートルです。問題は人口増加ではなく、資源(食物、水など)の欠乏とそれを配達する能力と言えます。

もし地球のすべての人がテキサスに住むことができるのなら、彼らがアメリカ全部に広がったらどれだけの空間があるか想像して見てください。そうなれば、十分な住み家の空間に加えて、水のアクセス、耕地や道路、その他の社会的基本施設が可能になります。

もちろん、アメリカ合衆国の中にも住むのに適していない所もあります。しかしながら、世界中の多くの場所には十分の耕地や新鮮な水のあるところがあります。 実際、人口は規制されるべきではないのです。

人口制限を唱える人たちは、人口中絶、安楽死、強制的不妊などの不敬虔な方法を支持しています。強制的堕胎のような案は、聖書の教え―人間の命は聖であるという―とまったく反しています。人口制限を促進する人たちは、問題はあまりにも多い人口だという前提で政策を進めています。一方本当の問題は無視されています。

問題は人口の大きさでも、資源の可能性でもありません。問題は罪なのです。自己中心で罪深く権力に飢えている人々は、神の創造物を乱用してきました。 神は人間が他のすべての被造物を支配するようにと意図されました。(創世記1:26) 人間は地の管理者でなければならないのです。1コリント4:2は、「管理者には、忠実であることが要求されます。」と加えています。残念ながら、腐敗した政府は、国の資源の忠実な管理人 としての役目をする代わりに、しばしば、国民が十分に食べられるようにとよく管理する代わりに、食物をひそかに蓄えたり、資源の管理を誤ったりしています。大企業も、食物の資源をもっと支配しようとして、社会の利益のためよりも、もっと儲かる契約を手に入れようとしているように思えます。

"人口増加"について聖書的な答えは人口減少を要求することではありません。人々を敬って彼らの必要を備えてあげることです。(マルコ12:13を見てください。) 貪欲、権力の欲望、愚かさなどは、資源の乱用になり、数億万人の人々が結果的に苦しむことになります。.

English


日本語のホームページに戻る
聖書は人口規制について何と言っていますか?