イエスの血に嘆願することは聖書的ですか?



 

質問: イエスの血に嘆願することは聖書的ですか?

答え:
祈りで、”イエスの血に嘆願する“ことは、ワード.オブ.フェイス(信仰のことば)運動の初めのころの指導者たちにさかのぼることができます。”祈りでイエスの血に嘆願する”と人が言うとき、”イエスキリストの血に~の上に嘆願する。”ということばで、どんな問題にも打ち勝つキリストの力を”要求/主張するということを言っています。.

”イエスの血に嘆願する“ということに、聖書的根拠は何もありません。聖書の中で、”キリストの血に嘆願”した人は 誰もいません。”イエスの血に嘆願する”人たちは、いかにもその言葉に神秘的な何かがあるかのように、又はその言葉を使うことで、彼らの祈りが何か、より力強くなるかのように思って使っています。 この教えは、祈りに関して間違った背教的な見解から来ています。彼らの祈りは、神の御心がなされるようにと祈る代わりに、自分たちがほしい物を得るために神を巧みに操る方法でしかないのです。 ワード.オブ.フェイス運動全体が、信仰は力で、もし私たちが十分な信仰を持って祈れば、神は私たちに健康、富、幸福を保障して下さり、すべての問題やすべての状況から救い出してくださるという偽りの教理に基づいています。 この考えだと、神は聖で、主権があり、完全で義なる創造主であると聖書が現している神の代わりに、単に私たちがほしい物を手に入れる道だということになります。

このワード.オブ.フェイス運動の偽りを教える人たちは、高尚な人間観があり、私たちには自分の欲しい物を嘆願する権利があると思い、神は自分たちの願う通りに答えてくださると思っています。これは、パウロの人生と苦しみと試練に耐える 態度に見る良い見本とは正反対です。2テモテ3:12で、パウロは書いています。「確かに、キリストイエスにあって敬虔に生きようと願う者はみな迫害を受けます。」 しかし、ワード.オブ.フェイスは、もし私たちが苦しんだり、病気になったり、罪と戦うなら、それは十分な信仰がないからだ、又は当然私たちの物であるものをキリストの血に嘆願して、要求してないからと教えます。しかし、パウロが、試練や迫害に会った時、キリストの血に嘆願して、“当然パウロの受けるべき”ものを主張している所を私たちは見ることはありません。その代わりに、どんな状況にあってもキリストに置くパウロの揺るがない信仰を見るのです。 :「私は自分の信じてきた型をよく知っており、また、その方は私のお任せしたものを、かの日のために守ってくださることができると確信しているからです。」(2テモテ1:12)

パウロは「どんな境遇にあっても満ち足りることを学びました。私は貧しさの中にいる道も知っており、豊かさの中にいる道も知っています。また飽くことにも飢えることにも、富むことにも乏しいことにも、あらゆる境遇に対処する秘訣を心得ているからです。私は、私を強くしてくださる方によって、どんなこともできるのです。」(ピリピ4:11-13)パウロはキリストにのみありました。そして確信をもって言えるのでした。「主は、私をすべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。主に御栄えがとこしえにありますように。アーメン。」(2テモテ4:18)

一般に実行されているような”血に嘆願する”ことは、聖書的な祈りよりも、もっと神秘主義と共通しています。―それはうまく行くようにと望みながら魔術的な決まり文句を唱えることです。ある特定のことばが私たちの祈りを魔術的にもっと力強いものにすることはありません。 さらに、キリストの”血に嘆願することはサタンを打ち負かすために必要ではありません。サタンはすでに敗北しているのですから。もし私たちが本当に新生しているなら、神が神の目的と栄光のために許可されない限り、サタンは私たちに対して何の力も持っていません。コロサイ1:13は「神は私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。この御子のうちにあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ています。」と言って、このことを完全に明白にしています。

守りや力を得るために、”血に嘆願する”よりも、クリスチャンはヤコブ4:7にある命令に従うべきです。「ですから神に従いなさい。そして、悪魔に立ち向かいなさい。そうすれば、悪魔はあなた方から逃げ去ります。」非聖書的な祈りの模範を実行するよりも、私たちは単純な聖書の教訓に従うべきなのです。―、神の御前で清い生活をし、罪が入り込む余地がないように私たちのすべての考え/思いをとりこにし、失敗したときは罪を告白し、エペソ6:13-17にある神のすべての武具を身に着けることです。

キリストにあって勝利のある生活をするために聖書は多くの教えを与えていますが、”キリストの血に嘆願する”ことはその中に含まれていません。私たちは、キリストの血によっ てきよめられています。キリストは私たちの大祭司であり、「いつも生きていて、(私たちのために)とりなしをしておられる」仲介者なのです。私たちはキリストの羊として、すでにキリストの保護のもとにあります。私たちはキリストがすでに約束されて備えて下さった ので、ただキリストを信頼して生きる必要があるだけなのです.



日本語のホームページに戻る



イエスの血に嘆願することは聖書的ですか?