イエスの肖像画を持つことはいけないのですか?



 

質問: イエスの肖像画を持つことはいけないのですか?

答え:
神が人間に、最初に律法を与えられた時、神はご自分が誰であるかについて始められました。「わたしは、あなたをエジプトの国、奴隷の家から連れ出した、あなたの神主である。」(出エジプト記20:2) イスラエルは他の神々があってはならない、神ご自身だけであると言う警告と共に。それに次いで、どんな像も〝天にあるものでも、地の下にあるものでも、地の下の水の中にあるものでも”どんな形でも礼拝したり拝むための目的で造ってはならないという禁止令でした。(出エジプト記20:4)ユダヤ人の歴史上、おもしろいことに、彼らは他のどの戒めよりもこの戒めに反しました。 何度も何度も彼らは神々を代表する偶像を作って拝みました。それは、神がモーセに十戒を与えておられるちょうどその時(出エジプト記32章)黄金の子牛を作ることから始まりました。 偶像崇拝はイスラエル人を生けるまことの神から遠ざけるだけではなく、様々な種類の他の罪-宮での売春婦、飲酒、淫乱の騒ぎ、子供のいけにえさえも-を犯させました。

もちろん、イエスの肖像を家や教会にただ飾ることは偶像礼拝をしているという意味ではありません。イエスの肖像画、又は十字架が礼拝の対象になることも可能です。その場合、礼拝者の責任です。.しかし、新約聖書のどこにもクリスチャンがイエスの肖像画を持つことを禁止するようなことは特に書いてありません。そのような絵は祈りを思い出させたり、主に焦点を合わせるとかキリストに従うことを思い起こさせるかもしれません。キリストは二次元に縮小することはできないし、祈りや賛美は絵に捧げてはならないと信者は知知っているべきです。絵は絶対に神の完全な像を描くこともできないし、正確に神の栄光をあらわすことも出来ません。それで、私たちが神をどのように見るか、また神の知識を深めるための代理になっては絶対にいけないのです。 それに、もちろん最も美しいイエス.キリストの肖像であっても、それは主がどんなであろうという画家の考え以外の何ものでもありません。

私たちはイエスがどんな容貌だったかわかりません。もしキリストの肉体的外見を私たちが知ることが重要だったのなら、マタイ、ペテロとヨハネが確かに正確な叙述をしてくれたでしょう。それにイエスの兄弟たち、ヤコブもとユダもしたでしょう。それなのにし新約聖書の著者たちはイエスの肉体的容貌については何も詳しく述べていません。私たちはただ想像に任されているのです。。

確かに、私たちの主であり、救い主であるイエスの性格を展示するために絵は必要ではありません。詩篇19:1-2で思い出されるように、神の被造物を見るだけで十分です。「天は神の栄光を語り告げ、大空は神のわざを告げ知らせる。昼は昼へ、話を伝え、夜は夜へ、知識を示す。」それに加えて、主に贖われた者として、十字架上で流主の血によって義とされた者の私たちの存在そのものがいつもイエス.キリストを私たちの前においているべきです。

神のことばである聖書は肉体的でないキリストの叙述でいっぱいです。それは私たちの想像力をとりこにし、私たちの魂を感動させるのです。キリストは世の光です。(ヨハネ1:5)いのちのパン(ヨハネ6:32-33)私たちの魂の渇きをうるおす生ける水(ヨハネ4:14) 御父にとりなしてくださる私たちの大祭司(へブル2:17)羊のためにいのちを投げ出して下さる良き牧者(ヨハネ10:11、14)傷のない神の子羊(黙示録13:8)私たちの信仰の創始者であり完成者(へブル12:2) 道、真理、いのち(ヨハネ14:6)そして見えない神のかたち(コロサイ1: 15 ) そのような救い主は私たちにとっては壁にかかったどんな一枚の紙よりももっと美しいのです。

宣教師エイミー.カーマイケルは、〝金の綱”という本の中でプリーナというインド人の女の子でクリスチャンになって、エイミーの孤児院に住んでいた子のことを書いています。In her プリーナは一度もイエス様の絵を見たことがありませんでした。その代わり、エイミーは聖霊が女の子一人ひとりにイエスを現わしてくださるようにと祈りました。「なぜなら神以外に誰が神を示すことができるでしょう。」ある日、海外からプリーナに小包が届きました。彼女が喜んでさっそくそれを開けると、イエスの絵が出てきました。 プリーナは無邪気に、それは誰かと尋ねました。それがイエスだと聞かされて、彼女は泣きだしました。「どうしたの?」「なぜ泣いてるの?」とまわりの者が聞きました。 プリーナの答えは、すべてを語りました。「イエス様はこれよりももっと美しいと思ってた。」



日本語のホームページに戻る



イエスの肖像画を持つことはいけないのですか?