質問”哲学的神学とは何?


質問: 質問”哲学的神学とは何?

答え:
哲学的神学は、哲学の方法を用いて、神の真理のより明確な理解に達する神学の分野です。真理に達する人間の努力には神学と哲学との両方が関係するべきか否か、又は神の啓示だけに依存できるか、又は依存すべきかという議論があります。 数世紀にわたって、哲学的組織がどれほど広く神学的な考えに適用されるべきかについて様々な理論が出ています。二つは断然別々でなければならない、互いに何の関係もないという人たちがいます。 別の人たちは、人間が神の啓示を正しく理解するために哲学と理性は必要であると言います。またほかの人は極端に走らず穏やかな態度をとります。哲学は有益な道具ではあるが、それだけ頼るべきではないと言います。

哲学的神学は18世紀、19世紀に実証哲学主義者、モダニスト(近代主義者)、啓蒙主義者などがキリスト教を攻撃した時、誕生しました。神学者は彼らの信条を説明し弁護する方法が欲しかったので、哲学的方法を使って神の啓示を弁護できるということを見つけました。哲学を使って神学を分析し説明することは前例がなかったわけではありません。トーマス.アクイナスやアウグスチヌス、その他の初代の神学者たちは、著書の中で、聖書に表示されている概念を慎重に考え抜いて理解しようとして、アリストテレスとソクラテスの考えを用いました。 多くの近代弁解者は今でも哲学的議論を使います。例えば、神の存在についての目的論的と存在論的議論は哲学的神学に堅く根ざしています。

聖書はことを探る、又は神が隠された真理を探究するのは誉れだと言っています。(箴言25:2)私たちは理性を使う能力を与えられています。だから哲学を研究することは何も悪いことではありません。同時に私たちは慎重にならなくてはいけません。 哲学の学びには多くの霊的危険が伴います。「、、、俗悪な無駄話、また間違って、『霊知』と呼ばれる反対論を避けなさい。」 と 警告しておられます。(1テモテ6:20)人間の作った理論や人間の推測は神の言葉に何の価値も付け足すことはありません。神のことばは、神の人がすべての良い働きのために整えられるには十分だからです。(2テモテ3:16-17)ヨブの三人の友達は人間的な理性で神の方法を理解しようとしましたが失敗しました。 最後に神は、彼らは「知識もない言い分で」啓示を暗くしていると言われました。(ヨブ記38:2) .

哲学的神学は、正しくも悪い方法でも使われることのできる道具です。それは動機と優先順位の問題です。:神の方法や考え方を人工の仕組みに頼って理解しようとすると、私たちは失望します。バベルの塔以来、人間は神に届く自分の能力を証明しよう試みてきました。しかし、神への愛と神を知りたい願望が動機なら、私たちは理性を使ってみことばをもっと理解しようとします。そうすれば私たちの学びは報酬を受けます。 哲学は真理そのものではなくて、真理に従属的です。哲学が真理をよりよく把握するための道具になることもできます。霊感を受けた間違いのない神のことばは最も重要です。どんな人間的哲学も二の次でなくてはならないのです。 聖書が哲学の裁判官であって、その反対ではないのです。(へブル書4:12)

English
日本語のホームページに戻る
質問”哲学的神学とは何?