サドカイ人とパリサイ人とは誰ですか?



 

質問: サドカイ人とパリサイ人とは誰ですか?

答え:
福音書はしばしばサドカイ人とパリサイ人について述べています。イエス様は彼らと対立し続けておられます。サドカイ人とパリサイ人はイスラエルの支配階級を成しています。 この二つのグループには似たところが多くありますが、重大な違いもあります。

サドカイ人(またはサドカイ派):キリストの時代と新約時代には、サドカイ人は貴族でした。彼らは裕福で、祭司長や大祭司を含める権力のある地位を占めていました。彼らは、サンヘドレンと呼ばれるユダヤの最高議会の70席のうち大多数の席についていました。彼らは、ローマ帝国(この時、イスラエルはローマの支配下にあった)の決断に賛成して平和を保つことに努めていました。そして、宗教よりも政治に関心を持っていたようでした。なぜなら、彼らはローマに順応している裕福な上級階級だったので、一般の庶民とはあまりよく関連しない上に、庶民も彼らを尊敬していませんでした。庶民たちは、パリサイ派に属する人たちにより関連していました。サドカイ派はサンヘドレンのうちの大多数の席を占めていましたが、歴史によると、たいてい少数派のパリサイ人たちの考えに同意してついて行く傾向があったようです。なぜならパリサイ派は大衆に人気があったからです。

宗教的には、サドカイ派は教理のある一つの面でより保守的でした。パリサイ派は口述の伝統とみことばに同等な権威を与えていましたが、 サドカイ派は反対に書かれたみことばだけが神からのものとしました。サドカイ派は書かれたみことば、特にモーセの書(創世記から申命記まで)の権威を保存しました。彼らはこのことに関しては褒められるべきですが、教理的な見解では彼らは絶対に完全ではありませんでした。以下は聖書と矛盾している彼らの見解を手短に書きました。

1. 彼らは日々の生活に神が関係しておられるのを否定するほど非常に自立していた。

2. 彼らは死者の復活を否定した。(マタイ22:23;マルコ12:18-27;使徒伝23:8)

3. 彼らは死後にいのちがあることを否定。魂は人の死後滅亡するとした。それで、この地上のいのちの後の罰も褒美も否定した。

4. 彼らは、霊的世界の存在(つまりみ使い、悪霊などの存在)を否定した。(使徒伝23:8)

サドカイ人は、宗教よりも政治に関心を持っていたので、イエス様がローマ帝国の好ましくない注意を引くのを恐れるまでは、イエス様のことは全く気にかけていませんでした。このことで、サドカイ派とパリサイ派は統一してキリストを殺そうとたくらみました。(ヨハネ11:48-50;マルコ14:53;15:1)他に サドカイ人が出てくるのは、使徒伝4:1と使徒伝5:17です。サドカイ派がヤコブの死(使徒伝12:1-2)に関係したことを歴史家ヨセファスは暗示しています。

サドカイ派は、紀元70年に消滅します。この派は彼らの政治的、また祭司としてのつながりで存在していたので、ローマがエルサレムと神殿を破壊した時、サドカイ派も破滅しました。

パリサイ人(派):サドカイ派とは対照的にパリサイ人はほとんどが中級階級の商売人でした。それで、庶民とは関係がありました。パリサイ人はサドカイ人とは対照的に、庶民からサドカイ人よりも尊敬されていました。彼らはサンヘドレンの中では少数で祭司としての位も少数でしたが、サンヘドレンの決断をサドカイ人よりもずっと多く支配しているようでした。これも彼らが人々の支援を得ていたからでした。

宗教的には、彼らは書かれたみことばを神の霊感によって書かれたものと受け入れていました。キリストの地上での宣教奉仕の時、これは今日の旧約聖書のことです。しかし、彼らは口述の伝統にも同等の権威を与え、これらの伝統はモーセにまでさかのぼるとしてこの立場を守ろうとしました。数世紀にわたって発展し、これらの伝統はみことばに付け加えられました。これは禁じられていましたが、(申命記4:2)パリサイ人は旧約聖書と共に、これらの伝統に厳密に従おうとしました。福音書にはパリサイ人がこれらの伝統をみことばと同等に扱っている例が非常に多くあります。(マタイ9:14;15:1-9;23:5;23:16,23;マルコ7:1-23;ルカ11:42)しかしながら、彼らはある重要な教理に関しては、神のことばに忠実でした。サドカイ派とは対照的に、彼らは、以下のことを信じていました。

1.彼らは、神がすべてのことを支配しておられると信じた。しかし、個人的な決断も、個人の生活の経路に影響を与えると信じた。

2. 彼らは死者の復活を信じた。(使徒伝23:6)

3.彼らは死後の世界と個人個人に適切な報酬と罰があることを信じた。

4. 彼らはみ使いと悪霊の存在を信じた。(使徒伝23:8)

パリサイ派はサドカイ派のライバルだったが一度だけその違いを放置することができた。キリストの裁判の時。サドカイ派とパリサイ派が一致してキリストを殺したのはこの時であった。(マルコ14:53;15:1;ヨハネ11:48-50)

サドカイ人はエルサレムの破滅の後、存在しなくなったが、政治よりも宗教により興味のあったパリサイ人は存在し続けました。事実、パリサイ人は、紀元70年にエルサレムの破滅をもたらすことになった反逆には反対でした。彼らは、破壊後、最初にローマとの平和を交わしたのでした。 パリサイ人は、また神殿破壊後にユダヤ教を続ける事に関する重要な書類ミシュナ の編集に尽くしました。

パリサイ人もサドカイ人もイエス様から多くのことで責められました。私たちがパリサイ人とサドカイ人から学ぶことができる一番のレッスンは、多分、彼らのようにならないということです。サドカイ人と違って、私たちは聖書の言うことを、奇蹟や死後の世界も含めて、すべて信じるべきです。 パリサイ人とは違って、私たちは、伝統を聖書と同じ権威にしてはいけません。そして、私たちは神様との関係を律法的な規則や儀式のリストにしてはいけないのです。



日本語のホームページに戻る



サドカイ人とパリサイ人とは誰ですか?