牧師になりたい人はその前に正式な聖書教育を受けることを要求されるべきですか?


質問: 牧師になりたい人はその前に正式な聖書教育を受けることを要求されるべきですか?

答え:
使徒パウロは、エペソ4:11-12で、人が伝道師、牧師、教師、の職に就く時、その召命は、実際は教会の働きのための神からの賜物であると教えています。霊的賜物の目的は、教会員を神に奉仕する人生のために整えるためです。神学校での訓練は主の働きに、指導的な役割を熱望する人たちの準備をすることです。 パウロはテモテを訓練しました。今日私たちも同じように教会の指導的な役割をする男性を準備させるのです。「多くの証人の前で私から聞いたことを、他の人にも教える力のある忠実な人たちにゆだねなさい。」「2テモテ2:2」

正式な聖書の訓練はみことばのミニストリーを保ち続けるだけでなく、教会内でも広くなることを確実にする助けになるのです。だれかが長老や監督、牧師の職務に就きたいと願う人がその仕事に神から召されている最初のしるしは願望です。パウロは、「『人がもし監督の職に就きたいと思うなら、それは素晴らしい仕事を求めることである』ということばは真実です。」 (1テモテ3:1)と言っています。もし誰かが、みことばのミニストリーに召されていると納得させられた時、その人はその賜物を探求してその召しに応える準備をすべきです。 これは神学校やクリスチャン大学が存在する理由の一つです。そして正式な教育を求めることは召しと一致しているかもしれない理由です。同時に、正式な聖書教育は重要で貴重なのですが、神は正式な聖書教育なしに優秀な牧師や長老になることを可能にしてくださることもあります。

ミニストリーに召されることは教会のためだけではなくて、教会を通してされることもあります。パウロがテモテに言っているように、(1テモテ3:1)若者はそのような召命を追求するように励まされるべきです。 しかし、理想的には最終的に召しの確信は、訓練して、ミニストリーに必要な賜物を試す教会から来るべきです。 みことばに仕える者は、教会のかしらであるキリストの大使です。福音を宣べ伝えて、失われた人を救いに導くことは天の御国のカギを使用しているのです。(マタイ16:19参考) この仕事はキリストの権威なしにはできません。それは教会の非常に重要な職であり、神学校の訓練を得る本来の理由なのです。

神学校での訓練が重要な理由が他にもあります。疑いなく、教育を増すことは、特に大学院レベルでは、全体的な聖書の知識にまったく新しい次元を加えます。聖書は一つのユニット、首尾一貫した真理のネットワークなので、正式な神学校の場面か否か、いずれにしろ組織神学の熱心な学びが要求されます。学びの場は教師-学生に知識と力と知恵を吹き込む神の御霊―ほど重要ではありません。

神学校の訓練は、成長の過程にも貴重です。三年又はそれ以上の神学校は、 社会的成熟によって、人を理解し、関係を持ち、人の必要を理解する能力が偉大なほど改善するでしょう。それに、ほとんどの21、22歳の人々にはないけれど、今日の牧師には必要な精神的成熟もあります。これには、ミニストリー、家族、一般的な人生に対する態度が含まれます。 効果的な神学校の訓練は、決断能力と神の御心を識別する能力を大いに助けることになります。

しっかりした神学校の訓練を受けるもう一つの理由は、今日の複雑な問題を取り扱うためにより整えられるためです。教会の指導者は、共通の目的のために、手をつなごうという多くの呼びかけに、いつ"はい"と言い、いつ"いいえ"と言うべきかを知らなければなりません。 真理を保つためには、これらの領域について聡明な確信が必要です。良い神学校の教育は確かに堅い聖書的確信を確立させる助けになります。

最後に、牧師の所属する教会団体に関わらず、その教会の歴史、教会行政組織、特色に関して教会内の徹底的な教育も適切です。神学校、またはキリスト教大学に行く決断をするには祈りと敬虔なクリスチャンのカウンセルが必要です。準備は様々な形で来ることがありますが、ある種の準備は必ず必要です。近道を探して あなたのミニストリーを損なわないでください。箴言24:27にある原則を注意深く研究してください。「外であなたの仕事を確かなものとし、あなたの畑を整え、その後であなたは家を建てよ。」

English


日本語のホームページに戻る
牧師になりたい人はその前に正式な聖書教育を受けることを要求されるべきですか?