牧師は教会の上にどれほどの権威があるべきですか?


質問: 牧師は教会の上にどれほどの権威があるべきですか?

答え:
教会は"神の羊の群れ"(1ペテロ5:2)、"神の教会"(使徒伝20:28)と呼ばれています。 イエスは"教会のかしら"(エペソ5:23)、そして"大牧者"(1ペテロ5:4)です。 教会は、正当にイエスに属していて、イエスは教会の上に権威を持っておられます。(マタイ16:18)このことは、キリストのからだとして地域教会についても普遍的教会についても同じように真理なのです。

キリストの教会を建て上げるための神の青写真は、牧師の職を用いることも含まれています。牧師はまず長老であり、他の長老たちと共に牧師は以下のことをwする責任があります。

1) 教会を監督する。(1テモテ3:1)" bishop " ということばのおもな意味は"監督"です。教会のミニストリーと教会の働きの一般的な監督が牧師と長老たちの責任です。これには教会内の財務を取り扱うことも含まれます。(使徒伝11:30)

2)教会を指導する。(1テモテ5:17)"指導″と訳されている 語は文字通り、"前に立つ"という意味です。導く、または世話する、と言う意味です、精出して世話する人(管理人)という考えが強調されています。 これには、教会懲戒、信仰の誤ちを咎めることが含まれます。(マタイ18:15-17;1コリント5:11-13)

3) 教会の模範となる。(1ペテロ5:3)牧師と言うことばは文字通り、"牧者"という意味です。牧師は"群れに、みことばの糧を食べさせて"正しい道に行くように導く義務があるのです。

4)教会の教理を守る。(テトス1:9) 使徒たちの教えは"忠実な人たち"にゆだねなければなりません。(2テモテ2:2)福音の誠実さを保つことは牧師の最高の召命の一つです。

牧師の中には、"監督"という肩書をすべてのことに手を出せと言う命令だと思う人もいます。それが音響システムを作動したり、日曜礼拝の歌を選んだり、幼児室のカーテンを選んだりすることかもしれませんが、牧師の中にはすべての決断に関わることが牧師の義務だと思っている人もいます。 牧師がすべての会議に出席しなけらばならないので牧師が、疲れ果ててしまうだけでなく、他の人たちが教会で賜物を発揮するのを制約することにもなります。牧師は、監督すると同時にほかの人に委任することもできます。 それに加えて、牧師と長老を助けるために任命された執事たちと共に、複数の長老と言う聖書的模範は、牧師の職がひとりの人で独裁されることを防ぎます。

教会を"指導しなさい"と言う命令は時には極端に受け取られることもあります。 牧師の職務上の責任は、他の長老たちと共に教会を管理することです。そして牧師の焦点は信者たちを教化して、ミニストリーの働きのために聖徒を整える、主に霊的なことであるべきです。(エペソ4:12)牧者のようではなく独裁者のような牧師のことを耳にします。牧師の権威の下にある人たちは、投資したり、休暇を取ったり、何をするにもその前に牧師の許可を求めることを要求されます。そんな人は、ただ支配したい願望があるだけのように見えます。それで神の教会を指導する資格はありません。(3ヨハネ9-10を見てください。)

1ペテロ5:3は、バランスの取れた牧師のミニストリーについて書いています。「Fあなた方は、その割り当てられている人たちを支配するのではなく、むしろ群れの模範となりなさい。」牧師の権威は、教会を支配するものではなく、それよりも牧師は、神の群れがついて行くために、真理と愛と敬虔の模範でなければならないのです。(1テモテ4:12も参考)牧師は神の家の"管理者″(テトス1:7)で、教会の指導者として神に申し開きをしなければならないのです。

English


日本語のホームページに戻る
牧師は教会の上にどれほどの権威があるべきですか?