空中携挙は部分的なのですか?


質問: 空中携挙は部分的なのですか?

答え:
忠実な信者だけが空中携挙で取られて、一方不真実なクリスチャンは地上に残されて艱難時代に苦しむと信じる人もいます。問題は、聖書がそのような考えを支持していないことです。 空中携挙について述べている箇所(1コリント15:50-57;1テサロニケ4:13-18)普遍的にすべてのクリスチャンに当てはまります。成熟、未熟な者、忠実、または不従順な者などクリスチャンならみんなに当てはまるのです。ローマ書8:1、1テサロニケ5:9などの節は、神はクリスチャンの上に怒りを注がないと教えています。 部分的携挙の聖書的証拠は一つもありません。すべてのクリスチャンが空中携挙によって天に挙げられるのです。

マタイ25:1-13の10人の娘たちのたとえ話がある人たちには部分的携挙の証拠となって来ました。しかし、油を持っていなかった5人の娘たちが後の残される信者の象徴ではありません。それよりも、未信者が取り残されることを描いているのです。 カギとなるのは12節です。花婿は残された5人に言っています。「確かな所、私はあなた方を知りません。」キリストが知っておられる人は、キリストにある信者です。用意してもいなくても。たとえ話の重要な要素は、ランプの油です。―油は聖霊を象徴しています。聖霊がその心に住んでいる人たちは,携挙で取られます。なぜならその人たちは本当にクリスチャンだから。キリストに信仰を置いていると自称する人でも聖霊を持っていなかったら、取り残されるのです。

私たちのレッスンは、いつでも準備して待つことです。キリストはご自分の者のために戻って来られるのですから。でもキリストは"盗人のように″(1テサロニケ5:4)—突然、予期せぬ時に、予告なしに戻って来られるのです。ランプ(心)に油(聖霊)を持っている人だけが携挙されます。残りの人は、自己告白に関わらず、あとに残されるのです。 イエスはご自分に属す者を知っておられます。そして私たちを呼ばれるとき、私たちは応答します。他の人たちに対しては、イエスは,、「わたしはあなた方を知らない。」といわれます。今日は救いの日です。(2コリント6:2)だから、まだ キリストを知らない人はもう一瞬も遅れてはならないのです。

English


日本語のホームページに戻る
空中携挙は部分的なのですか?