宗教は大衆のためにアヘンなのですか?


質問: 宗教は大衆のためにアヘンなのですか?

答え:
キリスト教(またはほかの宗教)を〝人々のためのアヘン"、又は〝 大衆のための麻薬"というレッテルをつけるのは宗教を否定する人々が使う共通の策略です。このような表現を使うのは、反論も議論もしようとせずに宗教を重要でないものとして受け流す方法です。. カール.マルクスはこの表現を最初に使った人ではないのですが、この表現を使って攻撃するとき、ほとんどの人がマルクスを考えています。マルクスの議論は、宗教は人々に錯覚のような人工の幸福を与える―アヘンが薬物中毒者に与えるような―非現実的な錯覚がよりよい社会を作る一部だとして人々を解放するとしました。

主にマルクスから始まって、〝大衆のアヘン″という非難は、よく無神論者によって使われます。なぜなら彼らは神の存在を否定しているので、彼らは、引き続き存在する宗教を何とかして説明しなければならないからです。彼らには宗教は必要ないのです。それで、 ほかの人が宗教を必要とする理由を理解できません。マルクスは宗教を否定した時、特にキリスト教を考えていませんでした。それよりも彼は、一般的宗教を非難して,"人々"を屈辱的な感じで、貧しい人々、無知な人々、だまされやすい人々という意味で使いました。 〝宗教はアヘン"という表現の本質的な議論は、宗教は、人生を生き抜くための松葉づえが必要な弱い精神、感情的障害のある人々のためにあるということです。 現代の無神論者は同じような主張をします。〝神は大人のための想像の友だ"などと言います。

それでは、宗教は〝大衆のためのアヘン"でしかないのでしょうか?宗教は、低能な人に感情的松葉づえ を与える以外の何事も達成しないのでしょうか?この質問に、決定的に〝ノー"と答えるための2,3の簡単な事実があります。(1)論理的、科学的、哲学的な神の存在に関する簡単な議論があります。(2) 人間は損傷を受けているので、贖い/救いを必要としているという(宗教の中心のメッセージ)事実は世界中に明らかに見えます。 (3) 人間の歴史上、大多数の最も知性的に非常に優れた著者や思想家たちは、有神論者でした。宗教を松葉づえとして使う人もいるでしょうか?はい、その通り。それで宗教の主張は無効だという意味でしょうか? いいえ。宗教は神の存在と私たちが障害を受けているので修理の必要がある事の認識に対する自然の反応です。

同時に、にせの安全さを与えるにせ宗教―アヘンが自分は大丈夫というにせの感情を与えるのと同じように―とキリスト教との違いを区別しなければなりません。キリスト教は、唯一の真の宗教で人間のための唯一の希望なのです。にせ宗教は、人間が何かの努力(行い)をして自分を神に受け入れられるようにする事ができるという考えに基づいています。 キリスト教だけが、人間は"罪過と罪に死んでいた"ので、永遠の天国に値することは何もできないことを認識しています。キリスト教だけが、人間が全くの無力であることの解決法を提供しています。つまり、十字架上でのイエス.キリストの身代わりの死です。

English


日本語のホームページに戻る
宗教は大衆のためにアヘンなのですか?