自然神学とは何ですか?


質問: 自然神学とは何ですか?

答え:
自然神学とは自然の観察に基づいて神を学ぶことです。それは“超自然的”又は特別な啓示による神学と違っています。自然を観察することは知的な探求なので、自然神学は、神を知る方法として人間の思想 や理性が含まれます。

キンギョ草の花の構造と作用を調べることで、キンギョ草を造られた神は力があって賢いとまあ筋の通った結論を出すかもしれません。―これが自然神学です。ヨハネ3:16の前後関係と意味を調べることで、私は神は愛があり、気前の良いお方だと結論を出すかもしれません。―これは啓示された神学です。

神学の分野が“自然”と“啓示”神学に分かれたその根源はカトリックの神学者トーマス.アクィナス(紀元1224-1274)著書にあります。アリストテレスの論理 をクリスチャンの信仰に適用しようと試みて、アクイナスは、自然のみから神についてのある真理を理解することができると人間の能力を強調しました。しかしながらアクイナスは、教会が教えているように、人間の理性は神の啓示には二の次であると主張しました。アクィナスは“自然の理性”で学べることと教義的信条との区別に気を配りました。自然から学んだ真理を“信仰箇条の前置き”と呼びました。つまり、理性は信仰に導くかもしれないが信仰と交換することはできないということです。

その後の著者たちはアクイナスの考えを取り入れてそれを拡大しました。ほかの自然神学を強調する著者はサムエル.クラーク、ウイリアム.ペイリー、エマニュエル.カントです。.時が経って、キリスト教がますます“理性的”思想として落ちぶれていくにつれて、奇跡は軽く見られるようになりました。

自然神論者は、特別啓示を完全に除外して、神の知識を自然神学だけに頼ってきました。自然神論者にとって、神は自然を通してでしか知ることができない、それで聖書は不要なのです。トーマス.ジェファーソン(自然神論者)が自分の聖書から奇跡に関する記事を文字通り切り取った理由です。ジェファーソンは自然神学だけが欲しかったのです。

ロマン主義の詩人たちは、全体として自然神学の支持者です。彼らは人間の感情を知性以上に強調しますが、絶えず自然の美徳と超越性を称賛しています。 非常に明確な自然神学を提供しているのは、ウイリアム.ワーズワースと有名な詩、“虹”です。その詩は、日々がそれぞれ自然の敬虔さで結ばれていたらと願うことで終わっています。ワーズワースは“自然(超自然的に反して)”の敬虔を表情たっぷりに願っています。彼の霊性は自然世界に根差しています。;虹を見て喜びを感じることは彼にとって、神の最も真実な礼拝なのです。 今日、「森の中を散歩する方が、教会で感じるよりも神に近いように感じる。」と言う人はワッズワースの種類の自然神学を表現しているのです。

自然神学を必要以上に強調することは、多神教をさえ受け入れることになります。自然は神の表現だという考えを通り越して、自然は神の延長だという考えに到着した人たちもいます。理論では、私たちは自然の一部なので 、私たちはみな神の少しの部分です。それで、私たちは神を知ることができると言うことになります。

もっとモダンな時代では、“自然神学”は、科学、宗教、歴史、芸術のすべての領域からの人間の知識を総合しようとする試みのことにもなることができます。新しい自然神学は、超越する“すべてを取り囲む現実”(そこで人間が存在する)を探求します。しかし、焦点は神ではなく、人間です。結果として、それは実は違った形の人間主義なのです。

以下、自然神学に関する聖書的な指摘があります。

1)聖書は基本的な神の理解は自然界から得ることができると教えている。;特に、私たちは「神の永遠の力と神性」を見ることができる。 (ローマ1:20)これを“一般的啓示”とよびます。(詩篇19:1-3)

2) ローマ書1章の前後関係はそのような基本的な神の存在と力は、救いに導くには不十分だと。暗示しています。事実、異教徒の神の本来の知識(自然を通しての)は歪んでいて、救いの代わりに裁きをもたらします。

3)自然神学は、神は目に見えない、全能で、賢いお方だと理論的に信じることはできますが、これらはみな名のない“最高者”の 抽象的な性質です。自然神学は、神の愛、憐れみ、又は裁きを教えることはできません。イエス.キリストにある救いの信仰に誰かを導くためには何の価値もありません。「宣べ伝える人がなくて、どうして聞くことができるでしょう?」(ローマ10:14)

4)人間の堕落は知性も含めて、人のすべてに影響を与えました。 自然神学への信頼は、人間の知性は原罪で傷つけられていないと推測します。それなのに聖書は、「よくない思い」(ローマ1:28)、「肉の思い(罪深い思い)」 (ローマ8:7)、「知性が腐っている」(1テモテ6:5」「鈍くなった思い」(2コリント3:14)「目くらにされた思い」(2コリント4:4) そして思いが新しくされる必要がある(ローマ12:2)ことなどについて言っています。

神が世界を創造し、世界は今でも神を創造主として指摘している限り、自然神学は役に立ちます。しかしながら、私たちの知性が堕落した状態なので、神の特別な啓示なしで、私たちは適切に解釈することはできません. 私たちは神の元へ帰るには神の介入が必要なのです。 私たちが何よりも必要なのは聖書とイエス.キリストとを信じる信仰なのです。(2ペテロ1:19)

English
日本語のホームページに戻る
自然神学とは何ですか?