さらなる御使いたちが罪を犯すことは可能でしょうか。?



 

質問: さらなる御使いたちが罪を犯すことは可能でしょうか。?

答え:
テモテへの手紙 第一 5:21は私たちにこう告げています。「私は、神とキリスト・イエスと選ばれた御使いたちとの前で、あなたにおごそかに命じます。これらのことを偏見なしに守り、何事もかたよらないで行いなさい。」 選びということについてどのような見解をとるとしても、聖書には、誰が救われるかという選択において神が何らかの形で関わっていたこと、つまり、この場合には、御使いたちのうちで罪を犯さないものたちを選ぶことに神が関わっていたことが明らかにされています。

神の主権による選択は、聖書中、至るところで見られます。神は、アブラハムを選んで、多くの国民の父としました(創世記 17:4-5)。神はイスラエルを選んで、神の特別な民としました(創世記 17:7)。神はマリヤを選んで、イエスの母としました(ルカの福音書 1:35-37)。神は、主イエスと3年間ともに暮らし、イエスから学ぶべく12人の使徒を選びました(マルコの福音書 3:13-19)。そして、神は、多くの人々に直接に、また書簡を通して福音を伝えるべく、パウロを選びました(使徒の働き 9:1-19)。同様に、神は「あらゆる部族、国語、民族、国民の中から」(ヨハネの黙示録 5:9)キリストを信じるようになる人々を選んでおられます。神がご自身のもとに来るべぐ選ばれた人たちを、神は決して捨てられることはありません。

神はまた、御使いたちに関する選択も行ったようです。神の聖なる御使いたちは「選ばれた」ものたちです。これは神が彼らを選ばれたということです。おそらく、神はすべての御使いたちに、神に従うか否かの一度限りの選択を与えられたのでしょう。ともかく、罪を犯してルシファーに従った御使いたちは迷い出し、罪に定められています。神に誠実であり続けることを選んだ者たちは、その決断にあって守られています。聖書には、選ばれた者たちが堕落して永遠に失われると考える根拠がないのと同様に 、さらなる御使いたちが罪を犯す可能性があると考えるための根拠は全く見つかりませ



日本語のホームページに戻る



さらなる御使いたちが罪を犯すことは可能でしょうか。?