ミカエルとサタンはなぜモーセの体のことで論じ合っていたのでしょうか(ユダの手紙 9)。?



 

質問: ミカエルとサタンはなぜモーセの体のことで論じ合っていたのでしょうか(ユダの手紙 9)。?

答え:
ユダの手紙 9節は、聖書でそこにしか触れられていない出来事について言及しています。ミカエルは、モーセの体についてサタンと争い、論じなければなりませんでした。ただし、それがどういう内容のものであったかは記述されていません。 御使いの格闘については別の一件がダニエルによって語られています。ダニエルは幻の中で彼のもとに御使いが現れた様子を描いています。ダニエル書 8:16と9:21でガブリエルと呼ばれているこの御使いは、御使いのかしらミカエルが助けに来るまで、「ペルシヤの国の君」と呼ばれる悪霊が彼に「向かって立って」いたのだとダニエルに告げます(ダニエル書 10:13)。そこで、私たちは、御使いたちと悪霊たちが人間の魂や国々を巡って霊的な戦いをすること、そして悪霊たちが御使いたちに対抗して、御使いたちが神の命令を実行できなようにしようとすることを、ダニエルから学びます。ユダの手紙は、モーセの死後に神ご自身が葬られたモーセの体を何らかの形で取り扱うために、ミカエルが神によって遣わされたことを私たちに示しています(申命記 34:5-6)。

モーセの体をめぐるこの争いが何に関するものであったかについては、様々な仮説が提起されてきました。その一つは、常に神の民を告発している(ヨハネの黙示録 12:10)サタンが、モーセのメリバでの罪(申命記 32:51)とエジプト人殺害とを理由にして、モーセを永遠のいのちへと生き返らせることに抵抗したかもしれないというものです。

ユダの手紙で言及されているのは、以下のゼカリヤ書 3:1-2にあるくだりと同じものだと提案する人たちもいます。「主は私に、主の使いの前に立っている大祭司ヨシュアと、彼を訴えようとしてその右手に立っているサタンとを見せられた。主はサタンに仰せられた。『サタンよ。主がおまえをとがめている。』」しかし、これが同じ出来事であるということに対しては明らかな異論があります。(1)二つの聖書箇所における唯一の類似点は「主がおまえをとがめている/主があなたを戒めてくださるように」という表現だけです。(2)「ミカエル」という名前はゼカリヤ書のくだりには全く登場しません。(3)ゼカリヤ書には「モーセの体」のことは全く触れられておらず、暗示されてもいません。

また、ユダはこの記述を含んだ外典を引用しており、その記述が真実であることを承認しようとしているのだとも提案されています。早期キリスト教学者であり神学者でもあったオリゲネス(185-254年)は、ミカエルと悪魔の間に起こったモーセの体をめぐるこの論争の記述を含む書物「モーセの昇天」を、当時実存していたものとして言及しています。そこで、実質的な問題点は、ただ、その話が「真実」かどうかというものになります。その話の起源がどこにあるとしても、ユダは、実際のところ、ミカエルと悪魔との間の論争を本当にあったこととして言及しているように見受けられます。ユダは、仮に彼がモーセの死やモーセが石を打ったことについて語っていたのだとしたら使っていたであろうと思われる口調でこのことを語っています。それに、それが真実ではないと誰に証明できるでしょうか。 そのためのどんな証拠があるでしょうか。 聖書には、御使いへのさりげない言及が数多くあります。私たちは御使いの長ミカエルが実在すること、悪魔が頻繁に言及されていること、良い御使いも悪い御使いも、ともに地上での重要な取引に従事していることが幾度も確証されていることを知っています。モーセの体をめぐるこの論争の性質については全体的に知られていないのですから、憶測しても無駄なことです。 その論争がモーセの体の所有をめぐるものであったのか、その体の埋葬をめぐるものであったのか、また何か他のことに関するものであったのか、私たちには分かりません。

しかし、私たちには二つのことが分かっています。一つ目は、聖書には誤りがないことです。 聖書の無謬性はキリスト教信仰における柱の一つです。クリスチャンとしての私たちの目的は、敬意をもって祈りながら聖書の学びに取り組み、何か理解できないことがあれば、ますます祈り、さらに研究し、それでも答えがつかめないならば、完璧な神のみことばの前に私たち自身の限界を謙虚に認めることです。

二つ目に、ユダの手紙9節は、サタンと悪霊たちに対してクリスチャンがいかに対応するべきかについて究極的模範を示しています。サタンを呪うことを拒んだミカエルの範例は、いかに悪霊の力と関わるかという点においてクリスチャンへの教訓 であるべきです。信じる者たちは悪霊たちに話しかけることなく、むしろ、悪霊を妨げる主の力を求めるべきなのです。ミカエルのような力のある存在でさえ、サタンに対応する際に主に譲歩したのであれば、私たちは自分たちが何者だからといって悪霊たちを咎めたり、



日本語のホームページに戻る



ミカエルとサタンはなぜモーセの体のことで論じ合っていたのでしょうか(ユダの手紙 9)。?