安楽死とは何ですか?


質問: 安楽死とは何ですか?

答え:
"安楽死"とは、"人、又は動物を痛みなしに死なせる、又は医療を与えないで、死なせてあげること、通常、痛みと不治の病気のせいで。"安楽死は ギリシャ語で "euthanasia."ですが、"良い死"と訳されます。それは安楽死ということばで困難な医療状況に直面している時慰めになることもあります.

だれかが、特に家族や親しい友達が痛みや精神的退化、その他体調の悪化などを経験して いる時、私たちは本能的にできるだけのことをしてその人をそこから抜け出るようにしてあげたいと思います。時には、その痛みを和らげてあげたいという願望が世話する人や患者のうちに非常に強くなるので、命を保護して生き残らせてあげたいという衝動よりも優先することがあります。。

苦しみを終わらせたいという願いと生き残りたい願いの間の格闘は人間にとって新しいことではありません。 事実、聖書の中で最も古い話の一つはヨブが苦しみの中で死を切望することを述べています。ヨブは自分の人生を嘆いて、神に願って、苦しみ-―肉体的、精神的、そして霊的な苦しみ―を続けるよりも、殺してほしいと 言っています。(ヨブ6:8-11)、最も適切に、ヨブは宣言します。「それで、私の魂は、むしろ窒息を選び、私の骨よりも死を選びます。私はいのちっをいといます。私はいつまでも行きたくありません。私にかまわないでください。」(ヨブ7:15-16)

聖書はヨブの感情を支持していますか?確かにそのような感情が存在することは認識しています。 聖書のほかの人物も絶望して人生が早く終わることを願っています。エリヤ(1列王記19:4)とサウロ(1歴代誌10:4)も含めて。聖書は感情や論理でさえ"安楽死"という考えを支持していることを認めています。しかしながら、私たちは感情や論理ではなく、信仰によって生きるのです。(ローマ1:17) 神にはは私たちには把握できない計画があります。神はいのちを与え、それを保っておられるお方です。(ネヘミヤ9:6) それで、私たちには神の権威を強奪する権利はありません。 ヨブの話の終わりに近い時、ヨブの友人エリフはヨブに警告します。「悪に向かわないように注意せよ。あなたは悩みよりも、これを選んだのだから。」(ヨブ36:21)私たちは、 自分の死の時や方法を決める立場にはありません。安楽死は神のご計画と御力に対する罪なのです。

デイートリック.ボンホファーは、ひどい苦しみを個人的に経験したドイツの神学者でした。彼は第二次大戦中にドイツ、ナチスの第三帝国によって投獄され、結局は処刑されました。 投獄中に、彼の死後出版された"倫理学"を書きました。「命を終わらせる権利は神にのみある。なぜなら、神だけがその命が向いて行く目標をご存知だから。神だけが命を義とするか拒むかを決める者になりたいと願っておられるのだから。」

English


日本語のホームページに戻る
安楽死とは何ですか?