精神的な病いの人が天国に行けますか?神は知能遅れの人、知的障害、精神障害のある人に憐れみを示されますか?


質問: 精神的な病いの人が天国に行けますか?神は知能遅れの人、知的障害、精神障害のある人に憐れみを示されますか?

答え:
聖書は特に精神的病のある人が天国に行くかどうかは言っていません。 しかしながら、救われるために決断することのできない人はキリストの死によっておおわれている聖書的証拠があります。これは、一般に、子供は、キリストを信じるかどうかの決心ができない時点で死んだ場合、自動的に天国に連れて行かれると信じる考えと似ています。 ダビデは子供が死んだとき、「あの子をもう一度、呼び戻せるであろうか。私はあの子のところに行くだろうが、あの子は私のところに戻ってはこない。」(2サムエル12:23)と言って、自分を慰めました。ダビデはいつか天国で子供に会えると知っていたのです。このことばから、新生児や幼児は神の恵みで、キリストの死に よって救いのために覆われていることが推論できます。

同様に知的障害や精神障害の人もこの原則で覆われていると仮定することができます。みことばはこのことを特に言っていませんが。神の愛と恵みと憐れみを知っているのでこれは神の性格と一致しています。自分の罪深い状態に気付かず、救いのためにキリストを信じることができないほど精神的、知的障害を持った人は子供と同じ種類に入ります。それで、その人は幼児を救ってくださる同じ神の恵みと憐れみによって救われると推測しても理屈に合わないわけではありません。 

しかしながら、他のすべてのことにおいてと同じく、聖書が特に書いていない問題について独断的にならないように気を付けなくてはなりません。私たちは、イエスが父が与えて下さる者を受け入れて、ひとりも失わない(ヨハネ6:39)と言われたことを確かに知っています。イエスは彼らについてこう言われました。「わたしは彼らに永遠のいのちを与えます。彼らは決して滅びることがなく、 また、誰もわたしの手から彼らを奪い去ることはできません。」(ヨハネ10:28)私たちの神の計画はいつも完全で、いつも正しく、正義をされること、そして神の愛と憐れみは無限で永遠であることを知って慰めにすることができます。

English
日本語のホームページに戻る
精神的な病いの人が天国に行けますか?神は知能遅れの人、知的障害、精神障害のある人に憐れみを示されますか?