子羊の婚宴とは何のことですか?



 

質問: 子羊の婚宴とは何のことですか?

答え:
この幻は黙示録19:7―10に出てきます。そこでヨハネは天の軍勢が子羊の婚宴-文字通り、婚礼のための祝宴-が始まろうとしているので,賛美しているのを見たり聞いたりしました。婚礼の祝宴という考えは、キリストの時代の結婚式の慣習を理解したらもっとよくわかるでしょう。.

これらの結婚式の慣習は三つの主な部分がありました。まず、結婚の契約が花婿と花嫁の両親によってされて、花婿の親、または花婿自身が新婦、または新婦の親に結婚持参金を支払います。これで、婚約期間が始まります。マリヤが妊娠を告げられたのがヨセフとマリヤがこの期間にあったときでした。(マタイ1:18;ルカ2:5)

この過程の二番目の段階はたいてい一年後に起こります。普通、花婿が男友達と共に、真夜中に各々がたいまつを持って行列を作って通りを歩いて、花嫁の家に行きます。 花嫁はこのことが起こるのを前もって知っているので、付き添いの乙女達と準備して待っていて、皆で行列に加わって花婿の家まで行きます。この慣習が、マタイ25:1-13の10人の娘たちのたとえ話 の土台となっています。三番目の段階は結婚の祝宴そのものです。 結婚式は、ヨハネ2:1-2にあるカナの結婚式出描写されているように、何日も続くこともありました。.

黙示録のヨハネの幻が描いているのは、子羊(イエス.キリスト)の結婚の祝宴と花嫁(教会)の三番目の段階です。ということは、第一と二番目の段階がすでに起こったことを暗示しています。第一の段階は、地上で信者各個人がキリストを救い主として信じた時に済みました。 花婿の親(父なる神)に支払われた結婚持参金は、花嫁の代わりに流されたキリストの血です。それで、地上の教会は今日、キリストと婚約しているのです。たとえ話しにある賢い娘たちのように、信者はみな、花婿の現われるの(再臨)を. 目をさまして待っていなければならないのです。第二の段階は、教会の空中掲挙の時、キリストが来て花嫁を御父の家に連れて行くことを象徴しています。結婚の祝宴は三番目で、最後の段階としてその後続くのです。子羊の婚宴は、空中掲挙と再臨の間(地上での艱難時代)に、天で起こるというのが私たちの見解です。

婚宴に参加しているのは、キリストの花嫁である教会だけでなく、ほかの人達もいます。他の人達には、旧約時代の聖徒たち―彼らはまだ復活していないけれど、その魂/霊が私たちと共に天にいます。―が含まれています。御使いがヨハネに書き記すようにと言ったように、「子羊の婚宴に招かれた者は幸いだ。」(黙示録19:9)子羊の婚宴 はキリストにあるすべての人の栄光ある祝宴なのです。



日本語のホームページに戻る



子羊の婚宴とは何のことですか?