クリスチャンはなぜ結婚の同等性に反対するのですか?


質問: クリスチャンはなぜ結婚の同等性に反対するのですか?

答え:
〝結婚の同等性"は、いくつかの国で同性愛者同士の結婚に関する議論に投げかけられるうたい文句です。〝結婚の同等性"ということばは、会話を組み立てなおそうとする試みで、同性愛者同士の結婚に反対する人たちに、ある程度の不合理さがあるとみなすためのことばです。同性愛者同士の結合を結婚だと認めることに反対することはそれなりにできますが、結婚する権利の〝同等性、又は平等性"に反対するのはもっと困難です。しかし、ある運動に新しいレベルをつけることで、議論の中心となる問題は変わりません。もし〝結婚の同等性"が〝同性愛者同士の結婚"という意味なら、クリスチャンは反対すべきです。

クリスチャンはなぜ結婚の同等性に反対するのでしょう?質問自体が誤解を招きやすいのです。すべてのクリスチャンが結婚の同等性、同性愛者同士の結婚、又はそれが何と呼ばれようと―に反対してはいません。多くのクリスチャンは同性愛者同士の結合が法律で結婚として認められるのを支持しています。そのようなクリスチャンは、一般的に性的道徳は法制化されるべきではなく、自由社会では誰でも結婚したい人と結婚できるべきだと信じています。聖書的に言えば、これは悲惨な間違いです。

聖書は同性愛は不自然な罪であると実にはっきり言っています。(レビ記18:22;ローマ1:26-27;1コリント6:9)聖書は結婚は神の発明であり、男と女の間の生涯の契約であると定義しています。(創世記2:24;1コリント7:2-16;エペソ5:23-33)聖書的に言えば、同性愛者同士の結合は結婚ではありません。 政府が新しい定義の結婚を法律で決めても関係ないのです。 社会が圧倒的に同性愛者の結婚を支持したとしても問題ではないのです。 同性愛者の結合は以前にも未来にでもいつでも神の創造の倒錯(異常)なのです。

ますます世俗的でノンクリスチャンの現代社会では、結婚同等性の議論は同性愛者の権利運動によって最終的に勝利を得るでしょう。国家としての悔い改めとキリスト教の信仰のリバイバルなしには、同性愛者同士の結合は、結婚に伴うすべての権利と特権を持って公式に結婚と認められるでしょう。 しかし、社会が何をしようと、キリストに従う者はみことばに一致し従わなければならないという事実 を変えることはできません。みことばは結婚は男と女の間のものだと明白に宣言しています。クリスチャンとして私たちは世俗的で不敬虔な国の中に住んでいる事実を受け入れます。しかし、私たちは、社会の変化していく多くのことよりも変化しないみことばを高く評価するのです。"「、、すべての人を偽り者としても、神は真実な型であるとすべきです。」(ローマ3:4)

クリスチャンは、社会的結合を与えられてそのような結合から来る政府の利益を受ける同性愛者と戦う必要はないのです。減税、相続の権利、病院訪問の権利などについて聖書は何も言ってません。 しかし、結婚の定義に関しては、クリスチャンは堅く立つべきです。 神は結婚を造られたのです。 人間は誰もそれを定義し直す権利も権威もないのです。政府や社会がどんなに認可しても、同性愛者同士の結合は絶対に異性同士の結婚と同等にはならないのです。

English


日本語のホームページに戻る
クリスチャンはなぜ結婚の同等性に反対するのですか?