なぜ保管人を愛すことはしばしば難しいのですか?


質問: なぜ保管人を愛すことはしばしば難しいのですか?

答え:
他の人を愛すことは時には非常に困難です。私たちがいつも愛すのに挑戦される人たちのことを示すのによく使われる言葉は、"余分の恵みを要求する"人々です。しかし、一般的に好きな人々でさえ、時々愛すのに困難なことがあります。 人を愛すのに困難を要する主な理由は罪です。自分の罪も愛そうとする他の人々の罪もです。人類は堕落した生き物です。神とその力なしには、私たちは自分勝手で、他の人を愛すよりも自分を愛すことの方がより自然にできるのです。しかし、愛は自分勝手ではありません。愛は自分の利益を求めず、他の人の最善を求めます。 (1コリント13:5;ピリピ2:3)自分自身の利己主義と罪の傾向と格闘しながら、他の人の自己中心と罪の傾向の扱うのは、愛を決まりきった仕事にしてしまうこともあります。

人を愛すことを難しくするもう一つの理由は、本当の愛とは何か時々誤解することがあるからです。私たちは愛は主に感情的な反応だと考える傾向があります。問題は私たちは、自分の感情をいつも支配することができないことです。 確かに感情のせいで、行動を支配することはできます。 しかし、感情そのものもあまりにも頻繁にただ偶然起こることが多いのです。しかし、私たちが他の人のために持つべきであると神が言われる種類の愛は、神が私たちに対して持っておられるのと同じ種類の愛です。 それは、その本質が犠牲であるアガぺの愛です。私たちに対する神の愛は犠牲的な愛です。私たちの罪のために御子を遣わされた種類の愛です。私たちが愛しやすいから救ってくださったのではありません。神の愛はご自分を私たちのために犠牲にさせました。私たちは他の人のために犠牲になるほど十分の愛を持っているでしょうか?たとえ相手が愛しにくくても?人を愛すことは、感情の問題ではなく意志の問問題なのです。

神は私たちが最悪の時、罪のど真ん中にいる時、完全に愛しにくい時、私たちのために死んで下さいました。(ローマ5:8;ヨハネ15:13)私たちが他の人を愛すために犠牲を払うとき、私たちは神の愛の深さをかいま見ます。そして私たちは世界にも神を反映するのです。イエスは弟子たちに言われました。「あなた方に新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなた方を愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなた方がわたしの弟子であることをすべての人が認めるのです。」(ヨハネ13:34-35)イエスが‴互いに愛情を感じ合いなさい"とは言われなかったこと注目してください。"互いに愛し合いなさい。゛と言われたのです。イエスは行動を命令されたのです。感情ではなく。

人を愛す困難の一部は、私たちは、愛の感情もないのに自分で何とか愛の感情を掻き立てようとするからです。これは偽善と、実際は相手に対して心が冷えているのにあたかも愛のある人のような役割をする演技に終わることになりかねません。神なしに私たちは愛すことができないことを理解しなければなりません。私たちが愛の実を産み出すことができるのは、私たちがイエスにとどまって(ヨハネ15章)聖霊が私たちのうちに留まっていてくださるときなのです。(ガラテヤ5:22-23)神は愛であり、私たちの互いへの愛は、神と私たちのうちにある神の愛 に応えることで可能になると教わっています。(1ヨハネ4:7-12)神に頼り、自分を神にささげることは難しいかもしれませんが、神の栄光がもっと広く現わされるために、神はこの困難を許されているのです。私たちが難しい人々を愛す、又はそういう感情もない時でさえ、愛すことを選択するとき、私たが神に頼っていることを表わし、私たちのうちに、また私たちを通しての神の力 を展示しているのです。

他の人を愛すのは困難です。相手は人間だし、私たちも人間ですから。しかし、この困難の中にあって、私たちは、私たちに対する神の愛の質をより理解し感謝するようになります。 そして、相手が愛しにくい人でも、私たちが愛す時、神の霊が輝き、神の栄光が讃えられます。他の人は高められ、世は私たちのうちにおられるキリストを見るのです。

English


日本語のホームページに戻る
なぜ保管人を愛すことはしばしば難しいのですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける