キリストの愛とは何?



 

質問:キリストの愛とは何?

答え:
「キリストの愛」(キリストに対する愛ではなく)はキリストが人類に対して持っている愛情の事を示しています。キリストの愛はキリストの、私達がその愛を受ける資格が全くなくとも、私達の最善のために、特に私達が本当に必要な物を与えるためには命をも惜しまず進んで全てを捧げる愛だという事ができるでしょう。

神の御性質を持っていて、世界の始まる前から、父なる神と聖霊なる神と共に存在していながら、キリストイエスは、人間となり、私達が永遠に火の海で罪の代価を払うのではなく(黙示録20:11-15)、代わりにご自分が私達の罪の代価を払うために進んでその王座から降りて下さったのです(ヨハネ1:1-14)。人類の罪の代価が罪のない救い主イエスキリストによって払われたので、私達がその罪の代価の賜物を受け入れるならば、義で、聖なる神は私達の罪を赦す事ができるのです(ローマ3:21-26)。ですから、キリストのその愛は彼が常に礼拝され、敬われていた天国を去り、罵られ、裏切られ、暴力を受け、十字架につけられて私達の罪の代価を払い、三日目に死から蘇るために地上に人間としてこられたという事実にはっきりと示されているのです。キリストは私達の罪からの解放と救いの必要を自らの天国での平和な生活よりも重要視したのです(ピリピ2:3-8)

人々が友人や、家族、また他に正しい人のために、命を捨てる事はあるでしょうが、イエスの愛はその愛を超越した物です。イエスの愛は全くそれを受ける資格がない人々にも注がれています。キリストは自らを拷問し、憎み、自らに反抗し続け、全く興味を示さなかった人々を愛されました(ローマ5:6-8)。イエスは何も受ける資格がない人々に全てを与えたのです。神の愛は犠牲の愛であり、これはアガペーの愛であり、人間の愛とは性質が違うのです(マタイ5:43-48)。

キリストが十字架で私達に示された愛はその大きな愛の素晴らしさの片鱗であり、私達がキリストを救い主として受け入れるならば、キリストは私達を神の子供、そしてご自身と共同相続人として下さいます。さらに、キリストは聖霊を通して私達の内に住まわって下さり、私達を決して見捨てないと約束して下さっています(ヘブル13:5-6)。ですから私達がどんな事を経験しても、キリストは共にいてくださり、その愛は常にそこにあるのです(ローマ8:35)。 しかしながら、キリストは愛に溢れた天の王ですから、私達は生活を通して、ただの友ではなく、私達の主人でもあるキリストに、それに従った尊厳を払う必要があります。それを通して、私達は真に豊かに命を持ち、キリストの愛を経験する事ができるのです(ヨハネ10:10)。



日本語のホームページに戻る



キリストの愛とは何?