心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして主を愛すとはどういう意味ですか?


質問: 心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして主を愛すとはどういう意味ですか?

答え:
「聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただ一人である。心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くしてあなたの神、主を愛しなさい。」(申命記6:4-5)これがヘブル語の〝聞け"という最初のことばからとったシェマーとして知られていることばです。 現代のユダヤ人は、朝夕の祈りの中で、シェマ―を唱えることを最も聖なる義務の一つだと考えます イエスはそれを唱えて、もっとも大事な戒めだと言われました。(マタイ22:36-37)

この命令を守るのは不可能のようです。なぜなら、生まれつきの人間の状態ではできないことだからです。 人間が神の律法に従うのに不可能であるというこれ上の証拠は、この命令以外ありません。堕落した性質の人間の誰も、神を心を尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、24時間愛することは、不可能です。人間には不可能なのです。 しかし、神の命令の一つでも従わないことは罪です。それで、毎日私たちが犯す罪を考慮に入れなかったとしても、このたった一つの命令に従えないことで私たちは罪に定められているのです。 イエスがパリサイ人たちに、彼らが神の律法を守ることは不可能だということをいつも思い出させておられる理由はこれです。 イエスは彼らが霊的に全く破産しているので、救い主が必要であるということに気づかせようとされたのです。 キリストが備えてくださる罪のきよめと、救われた人のうちに住んで力を与えてくださる聖霊がない限り、どの程度にしろ神を愛すことは不可能なのです。

しかし、クリスチャンとして、私たちは罪からきよめられ、確かに聖霊が内に住んでおられます。それでは、私たちがすべき方法で神を愛すことをどうやって始めるのでしょう?マルコ9:24で、ある人が神に自分の不信心を助けてください と頼んだように、私たちも私たちが心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして、神を愛していない領域を助けてくださいと神に頼むことができます。 不可能を成すのに必要なのは、神の力です。そして、その力を探求して自分のものにし始めるのです。

たいていの場合、私たちの神への愛は、時が経つにつれて、より熱烈になります。確かに最近救われた幼いクリスチャンは、神の愛と神に対する愛に目覚めています。 しかし、困難や試練 の時に神の忠実さを経験することによって、神への深い愛がますます成長していくのです。時が経って、私たちは、神の愛情、あわれみ、恵み、愛を、また神の罪に対する憎しみ、聖さ、義も同じように体験するようになります。 私たちは知らない人を愛すことはできません。だから、神をもっと知ることは、優先順位の第一でであるべきです 。神と神の義を追求し、他の何よりも神を愛せよという命令を真剣に受け取る人たちは神のことで自分を消費するのです。 彼らはみことばを熱心に研究し、熱心に祈り、すべてのことにおいて神に従い、神の栄誉をたたえます。そしてイエス.キリストをほかの人に熱心に伝えます。 これらの霊的訓練を通して、神の栄光のために神への愛は成長するのです。

English


日本語のホームページに戻る
心を尽くし、精神を尽くし、力を尽くして主を愛すとはどういう意味ですか?

方法を見つける...

神と永遠に過ごす



神からの許しを受ける