神のために生きるにはどうすればいいの?



 

質問: 神のために生きるにはどうすればいいの?

答え:
神はみ言葉を通してどのように私たちがご自身のために生きる事べきかを明確に示して下さいました。それらの神の命令には互いに愛し合う事(ヨハネ13:34-35)、自らに死にイエスについていく事(マタイ16:24)、貧しい人々に分け与える事(ヤコブ1:27)、神を知らない人々の様に罪深い習慣に陥らない事(Iテサロニケ5:6-8)などあります。イエスは、律法学者に聞かれた時、神のために生きる事を一番大切な命令にまとめました。「一番たいせつなのはこれです。『イスラエルよ。聞け。われらの神である主は、唯一の主である。30 心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』31 次にはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにはありません。」(マルコ12:29-31)

イエスの十字架につけられる前の祈りは私たちの人生の目的を示しています。キリスト者を指してイエスは「またわたしは、あなたがわたしに下さった栄光を、彼らに与えました。それは、わたしたちが一つであるように、彼らも一つであるためです。わたしは彼らにおり、あなたはわたしにおられます。それは、彼らが全うされて一つとなるためです。それは、あなたがわたしを遣わされたことと、あなたがわたしを愛されたように彼らをも愛されたこととを、この世が知るためです。父よ。お願いします。あなたがわたしに下さったものをわたしのいる所にわたしといっしょにおらせてください。あなたがわたしを世の始まる前から愛しておられたためにわたしに下さったわたしの栄光を、彼らが見るようになるためです。正しい父よ。この世はあなたを知りません。しかし、わたしはあなたを知っています。また、この人々は、あなたがわたしを遣わされたことを知りました。そして、わたしは彼らにあなたの御名を知らせました。また、これからも知らせます。それは、あなたがわたしを愛してくださったその愛が彼らの中にあり、またわたしが彼らの中にいるためです。」と祈りました。(ヨハネ17:22-26)イエスは私たちとの親密な関係を望んでおられるのです。

ウェストミンスター小教理問答書には「人のおもな目的は、神の栄光をあらわし、永遠に神を喜ぶことです。」と書いてあります。私たちは自分の全て-心、思い、知性、力-を通して神を求めるべきなのです。私たちはキリストにとどまり(ヨハネ15:4,8)、よってイエスの様に人々を愛するのです。それを通して私たちは神に栄光を表し、神との関係を喜ぶ事ができるのです。

神のために生きる事を望む人はみ言葉を通して神を求めるべきであり、み言葉を適用するための導きを聖霊に求めるべきです。神のために生きるとは自分に死に、何よりも神の御心を求める事です。神との関係が親密になればなるほど、私たちは神をさらに知り、神の望んでおられる事と私たちの望んでいる事が一致する様になってくるのです。私たちが霊的に成長すればするほど、神のみ言葉に従いたいという思いも、神に対する愛も増してくるのです。イエスが「もしあなたがたがわたしを愛するなら、あなたがたはわたしの戒めを守るはずです。」(14:15)と言われた通りです。



日本語のホームページに戻る



神のために生きるにはどうすればいいの?