リベラルクリスチャン神学とは何?



 

質問: リベラルクリスチャン神学とは何?

答え:
“リベラル.クリスチャン“とは、実は全くクリスチャンではないのですが、その教えでは、人間の理性が強調されて、それが最終的な権威として扱われます。リベラル神学者たちは、キリスト教と世俗の科学と”現代的考え”とを調和させようと努めます。そうすることで、科学を全知、聖書を間違いにあふれた偽りとして扱います。 創世記の初めのころの章は、メッセージを含んだものであるが、文字通りに取るべきではない(イエスがこれらの章を文字通りのことばで語られたにもかかわらず、)詩、又は空想にされてしまいました。 人間は完全に堕落しているとは見ていません。それで、リベラル神学者 たちは人間の未来について楽観的な見方をしています。堕落した人類が成就するのは不可能だということを否定する一方、社会的福音も強調しています。人がその罪と地獄での罰から救われるか否かはもう問題ではありません。主要なのは、人間が他の人間をどう取り扱うかです。私たちの同胞である人間への”愛”が決定的問題になります。 リベラル神学者たちによるこの推論の結果、以下の教理がリベラルな準クリスチャン神学者たちによって教えられています。

1) 聖書は “霊感によって ” 書かれたのではなく、間違いがある。この考えのせいで、人(リベラル神学者たち)は、どの教えが正しいかどれが正しくないか決めなければならない。聖書が神の”霊感”(この言葉の原語の意味ので⦆を受けたと信じるのは、馬鹿者だけである。これは直接2テモテ3:16-17の「聖書はすべて霊感によるもので 、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。それは、神の人が、すべて良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」と矛盾しています。

2) キリストの処女降誕は神話的偽りの教えである。これはイザヤ7:14とルカ2章に矛盾しています。

3)イエスは肉体をもって、墓の中からよみがえられてはいない。これは、4つの福音書にある復活の記録 と新約聖書全体に矛盾しています。

4) イエスは道徳的に良い教師であった。イエスにつき従った人たちが、聖書に記録されているように、イエスの人生史を勝手に書き換えた。(超自然的奇跡はなかった。)福音書は何年も後に、自分たちの教えにより大きな重さを置くために、初代の弟子たちによって書かれた。 これは、第2テモテの箇所と神が聖書を超自然的に保存されたという教理に矛盾しています。

5)地獄は本当ではない。人は罪の中に失われてはいない、そして、信仰によってキリストとの関係なしには、ある未来の審判という運命にあるのではない。人間は自力で自分を助けることができる。キリストの身代わりの犠牲の死は必要ではない。愛である神が人々を地獄のような場所に送ることはないのだから。人は罪を持って生まれてきていないので。この教えは、イエスご自身の言葉に反しています。イエスは、自分こそがその贖いの死を通して、神の所に行く道であると宣言されました。(ヨハネ14:6)

6) 聖書の人間の著者のほとんどは、伝統的に信じられてきた人たちではない。例えば、モーセは聖書の最初の五書 を書かなかった。ダニエル書は二人の著者によろ。なぜなら、終わりの方の章の詳細な ”預言” が前もって知られていたはずがないので、事実が起こった後書かれたに違いない。同じような考えが新約聖書の書にも繰り返されます。 このような考えは、聖書だけでなく、リベラルな人たちが否定するすべての人々の存在を証明する文書にも矛盾しています。

7) 人間がすることで最も大事なことは、隣人を愛することである。どんな状況にあっても愛のあることは、聖書の言っていることが良いと言うのではなく、リベラル神学者が良いと決めたことをすべきである。

これは、人間の完全な堕落と言う教理を否定します。人間は何も良いことも愛することもできない(エレミヤ17:9)、キリストによって贖われて、新しい性質〔コリント5:17〕をいただくまでは、と言う教理です。

キリストの神性を否定する(リベラルクリスチャンがしますが)人たち(2ペテロ2:1)に対して、多くの聖書の発言があります。使徒たちが宣べ伝えた福音とは違った別の福音を宣べ伝える人たち(ガラテヤ1:8)は、リベラルクリスチャンがするのですが、キリストの贖いの死の必要性を否定して、代わりに社会的な福音を伝えます。聖書は、善を悪と言い、悪を善と呼ぶ人たち(いくつかのリベラルな教会は、同性愛を聖書は何度も罪と定めているのに、それを代わりの生活様式として受け入れています。)を罪ととがめています。(イザヤ5:20)

平安がないのに、「平安だ、平安だ」と言う(エレミヤ6:14)人たち(リベラル神学者たちは、十字架でのキリストの犠牲なしに神との平和を得ることができる、また人は神の前での未来の裁きを心配する必要はないと言っていますが。)に対して、聖書は発言しています。みことばは、見える所は敬虔であっても、その実を否定するようになる時について語っています。(2テモテ3:5)リベラル神学者はそう言っています。人間にはいくらか内なる善があるので、キリストに置く信仰を通して聖霊によって新生する必要はないと言うのです。 みことばは、唯一まことの神以外の偶像に仕える人たちに対して反論していますが、(1歴代誌16:2)リベラルクリスチャンは、聖書全体に現された神を礼拝するの代わりに、偽物の神を自分で好きなように、つくり上げて、偶像礼拝をしているのです。).



日本語のホームページに戻る



リベラルクリスチャン神学とは何?