後の雨運動とは何?



 

質問: 後の雨運動とは何?

答え:
後の雨運動とは、ペンテコスタル主義のうちにある影響ですが、ペンテコステの日にされたように、もう一度主が御霊を注がれている、そうして再臨のために世を準備するように信者を用いておられると教えます。のちの雨運動は、反デイスペンセーション主義で、無千年王国主義です。この運動の多くの指導者たちは 常軌を外れた教えを信じています。

”のちの雨”と言うことばは、ペンタコスタル主義の歴史の初めごろ、最初に使われました。デビッド.ウェスリー.ミランドが、”のちの雨の歌”と言う本を1907年に書いた時に使いました。3年後に、彼は一般的にペンタコスタル主義の弁明として“のちの雨契約”を書きました。

その名前はヨエル2:23から来ています。「シオンの子らよ。あなたがたの神、主にあって、楽しみ喜べ。主はあなた方を義とするために、初めの雨を賜り、大雨を降らせ、前のように、初めの雨と後の雨とを降らせてくださるからだ。」ペンタコスタル主義者は、この節の“雨”を聖霊が注ぎだされることだと解釈します。”のちの雨”(終わりの時の注ぎ)は ”前の雨”よりも偉大であろうと言うのです。

1948年、カナダのサスカチュアンで“リバイバル“が起こり、後の雨運動は明白にされました。リバイバルの関係者たちは、新しい時代のふちに立っていると確信しました。聖霊がその力を、世界が今まで見たこともない ほど、それ以上に偉大な方法で、現してくださる新しい時代に瀕していると。彼らは、使徒たちの時代でさえ、それ程の聖霊の動きを 見たことはないと言いました。

後の雨の教えは、高度に表象学的解釈の特徴があります。つまり聖書を象徴的、極端に様式化された方法で解釈します。個人的預言、体験、神から直接の指令など、聖書以外の啓示を強調しています。後の雨運動の教理は以下の信条を含みます、

-聖霊の賜物、異言を含む―は按手によって受ける。
-クリスチャンも悪霊が宿るので悪霊払いによる救出を必要とする。
-使徒や預言者をも含めて、神は教会のすべての奉仕の役目を復興させられた。
-手を置くことで神の癒しを与えることができる。
-賛美と礼拝によって、私たちの前に神を案内入れることができる。-
-女性も教会におけるミニストリーの役割が同等にすべてある。
-教団の間の壁は崩されて、終わりの日には一つの教会に統一される。
-”のちの雨”は神のわざを完成に導く。教会はこの世に打ち勝ってキリストの御国を先導する。

後の雨運動の多くの“使徒たち“は、”神の子たちの現れ“と言う教理をも教えます。これは、背教的な教えで、教会に”打ち勝つ者”という特別グループが現れ、霊的な体を受け取って、不死な者になると言う教えです。

神のアッセンブリ―教会が最初から、後の雨運動には背教的要素があるとしたことは、注目すべき重要なことです。 1949年4月20日に、アッセンブリ―教団は、正式に後の雨の教理を公然と非難しました。その過程でこの教団を分裂させかけたほどでした。その他の確立したペンテコスタル.グループも同じような結論を出しました。

今日では、”後の雨”と言うことばはほとんど使われていませんが、後の雨の教理は、強い影響を及ぼし続けています。カリスマ運動の支流のほとんどが、後の雨の教えを支持しています。ブラウンズビル/ペンサコーラ.リバイバル、トロントブレッシング、”聖なる笑い”現象などの現代的運動は、後の雨神学の直接の結果です。



日本語のホームページに戻る



後の雨運動とは何?