エゼキエル書 第28章におけるツロの君主への預言は、サタンを指しているのでしょうか。?



 

質問: エゼキエル書 第28章におけるツロの君主への預言は、サタンを指しているのでしょうか。?

答え:
一見すると、エゼキエル書 28:11-19における預言は人間の王に当てはまっているように見えます。ツロは、聖書中の預言による非難の中でも最もきついものをいくつか与えられています(イザヤ書 23:1-18; エレミヤ書 25:22; 27:1-11; エゼキエル書 26:1-28:19; ヨエル書 3:4-8; アモス書 1:9, 10)。ツロは近隣の諸国からの搾取によって富を築くことで知られていました。 古代の書き手たちは、ツロの町をを悪徳商人であふれる町として 言及しています。ツロは偶像崇拝と性的不品行の中心地でした。 聖書の預言者たちは、ツロを莫大な富と景勝によってもたされたその高ぶりのために非難しました。エゼキエル書 28:11-19はツロの君主の飽くことを知らない高ぶりと貪欲を叱めており、預言者エゼキエルの時代のツロの君主に対して特に強い非難を表わしているように思われます。

けれども、エゼキエル書 28:11-19にある描写の中には、単なる人間の王に当てはまる範疇(はんちゅう)を超えたものがあります。「エデンに」いたとか、「油そそがれた守護者ケルブ」であったとか、「神の聖なる山に」いたなどと主張することは、地上の君主には決してできません。そのため、大半の聖書解釈者たちは、エゼキエル書 28:11-19はツロの君主の高ぶりをサタンの高ぶりになぞらえた二重預言であると信じています。中には、ツロの君主は実際にサタンにとり憑かれていたと提案して、両者の関連をさらに説得力のある適確なものとする人たちもいます。

サタンは、堕落する以前は、確かに美しい生き物でした(エゼキエル書 28:12-13)。彼はおそらく、すべての御使いたちの中でも最も美しく力のあるものでした。「守護者ケルブ」という語句は、サタンが神の御前を「守る」御使いであったことを示している可能性があります。サタンは自分をそのように美しく造ってくださった神に栄光を帰するよりも、その高貴な身分は自分で得たものだと考えて自らを誇りました。サタンの反逆は、サタンが神の御前から追放されるという結果を招きました。そして、最終的には、神はサタンを永遠に火の池に追いやることになるのです(ヨハネの黙示録 20:10)。

サタンと同様に、ツロの君主であった人間は高慢でした。神の主権を認めるよりも、ツロの君主はツロの豊かさを彼自身の知恵と力に帰しました。その贅沢な境遇に満足せず、ツロの君主はさらに多くを手に入れようとしました。その結果、ツロは他の諸国に漬け込み、他者を犠牲にして自らの富を増やすことになったのです。しかし、ちょうどサタンの高ぶりが彼の堕落に繋がり、最終的にはその永遠の破滅に繋がっているように、ツロの町はその富と力と地位を失うことになります。ツロの完全な破滅についてのエゼキエルの預言は、ネブカデネザルによって部分的に実現され(エゼキエル書 29:17-21



日本語のホームページに戻る



エゼキエル書 第28章におけるツロの君主への預言は、サタンを指しているのでしょうか。?