聖書にはいつ神が私たちの事を裁かれるか書いてありますか?



 

質問: 聖書にはいつ神が私たちの事を裁かれるか書いてありますか?

答え:
裁きは二つあります。キリスト者はキリストの裁きを受けます(ローマ14:10-12)。キリスト者は皆自分の人生の歩み-良心なども含め-についての言い表しをし、主はそれについての裁きを下します。この裁きは信仰により与えられる(エペソ2:8-9)救いを決定する物ではなく、キリスト者がどのように主に仕える歩みをしたかについての説明についての物です。私たちのキリストにある位置はIコリント3:11-15に書いてある通り「土台」であり、その上に様々な素材を持って家を建てます。「金、銀、宝石」などの素材は神の栄光のための働きや、教会を建て上げるという働きをした、キリストに仕えた者の行いを指しています。一方、「木、草、わら」などの素材は霊的価値の無い、表面的な行いを指していて、キリストの裁きの座で明らかにされます。

金、銀、宝石は神の火(13節)くぐり抜け、キリスト者はどれほど忠実にキリストに仕え(Iコリント9:4-27)、大宣教命令に従い(マタイ28:18-20)、罪に打ち勝ち(ローマ6:1-4)、舌を制御したか(ヤコブ3:1-9)等に応じて報いを受けます。私たちは自分の行いについて、それがキリスト者としてのアイデンティティと一貫していたか、の説明責任があります。神の裁きの火は「木、草、わら」など、永遠の価値のなかった物全てを燃え尽くしてしまいます。「こういうわけですから、私たちは、おのおの自分のことを神の御前に申し開きすることになります。」(ローマ14:12)

二つ目の裁きは不信者が皆大きな白い御座で受ける裁きです(黙示録20:11-15)。この裁きもまた、救いを決定する物ではなく、この裁きを受けるのは皆、地上生涯でキリストを裁き、燃える火の池に投げ込まれることを決定付けた不信者です。黙示録20:12には「人々は、これらの書物に書きしるされているところに従って、自分の行いに応じてさばかれた。」と書かれています。キリストを主とも救い主とも認めず、迎えなかった人々は自分の行いのみに応じて裁かれ、「人は律法の行いによっては義と認められず」(ガラテヤ2:16)と書かれている通り、裁きを受けます。人間的にどれほど律法を守ろうとしても罪の代価を払うことはできません。全ての思い、言動、行動が神の完全な規律にしたがって裁かれ、有罪判決を受け、永遠の死を経験するのです。



日本語のホームページに戻る



聖書にはいつ神が私たちの事を裁かれるか書いてありますか?