ユダはなぜイエス様を裏切ったの?



 

質問: ユダはなぜイエス様を裏切ったの?

答え:
ユダがなぜイエス様を裏切ったか、絶対に確かには言えませんが、いくつかのことは確かです。まず、第一に、ユダは12弟子の一人に選ばれましたが、(ヨハネ6:64)聖書的証拠はすべて、ユダがイエス様を神だと一度も信じていない事実を指してます。イエス様がメシヤ(ユダの理解では)であることすら確信していなかったようです。 イエス様を”主”と呼んだほかの弟子たちとは違って、ユダはこのタイトルを絶対にイエス様に対して使っていません。その代わり、”ラビ“と呼んで、イエス様は教師 以外の何者でもないことを認めています。他の弟子たちは、時には偉大な信仰告白 と忠実を誓っていますが、(ヨハネ6:68;11:16)ユダは一度もしないで、沈黙を守っているように見えました。このようにイエス様に対する信仰の欠如が以下に記すすべての考慮の基礎になります。私たちにも同じことが言えます。もし、イエス様を人となられた神-だから私たちの罪の赦しを備えることのできる唯一のお方、赦しを与えて永遠の救いを備えることができる唯一のお方だと認識しなかったら、 私たちは神についての間違った考えから来る数多い問題にぶつかることになるのです。

二番目に、ユダはイエス様に対する信仰に欠けていただけではなく、イエス様との個人的関係が全くと言っていいほどなかったのです。共観福音書が12弟子の名を載せるとき、少々の違いはあっても、一般的に同じ順番で並べてあります。(マタイ10:2-4;マルコ3:16-19;ルカ6:14-16)この順番は彼らのイエス様との比較的親しい個人的な関係を示すと思われます。少しの違いはあっても、ペテロ、ヤコブとヨハネ兄弟 が必ず一番先に載せてあります。これは彼らのイエス様との関係と一致しています。ユダは必ず最後に載せてあるので、キリストとの個人的関係があまりなかったことを示しているのかもしれません。それに、イエス様とユダとの間の会話が記録されている のは、ユダが欲に駆られてマリヤに言ったことば(ヨハネ12:1-8)をイエス様に責められたこと、ユダが裏切りを否定したところ(マタイ26:25)裏切り自体(ルカ22:48)に関わるところです。

三番目にユダは欲に固まっていたので、イエス様の信頼を裏切るだけでなく、仲間の弟子たちの信頼をも裏切ることになるのでした。ヨハネ12:5-6に見られます。ユダは、イエス様に大勢の群衆が従ってついて来ていたので、単に群衆から集めた献金から利益を得られるかもしれないと思って、イエス様について行きたかったのかもしれません。 ユダが弟子たちのために金袋を管理していた事実は、ユダがお金に興味を持っていたことを示しています。(ヨハネ13:29)

それに、ユダは、当時のほとんどの人と同じく、メシヤはローマ帝国の占領軍を倒してイスラエル国家を支配する権威の地位に立つものと信じていました。ユダがイエス様について行ったのは、新しい政治的権威者としてのイエス様とかかわりを持つことで、利得を得られると望んでいたからかもしれません。革命の後、彼は支配的立場のエリートの一員になると期待していたに違いありません。ユダが裏切る頃には、イエスさまは、ローマに反逆して革命を起こすのではなく、自分が死ぬことを明らかにしておられました。それで、ユダは―パリサイ人たちと同じく―イエス様がローマを倒さないので、彼らが期待していたメシヤではないのだろうと思ったのかもしれません。

旧約聖書にはいくつか裏切りを示す聖句があります。ある聖句は他の聖句より特定しているのですが。ここに二つあります。

「私が信頼し、私のパンを食べた親しい友までが、私に背いてかかとを上げた。」(詩篇41:9、マタイ26:48-49で成就した。)さらに、「私は彼らに言った。『あなたがよいと思うなら、私に賃金を払いなさい。もし、そうでないならやめなさい。』すると彼らは、私の賃金として、銀三十シェケルを量った。主は私に仰せられた。『彼らによってわたしが根積りされた尊い価を、陶器師に投げ与えよ。』そこで、私は銀三十を取り、それを宮の陶器師に投げ与えた。」(ゼカリヤ11:12-13;マタイ27:3-5でゼカリヤの預言が成就した。)これらの旧約聖書の預言は、ユダの裏切りは、神にはすでに知られており、イエス様が殺される方法として、前から神のご計画にあったことを示しています。

しかし、もしユダが裏切ることは神には知られていたのなら、ユダには選択権があったのでしょうか?ユダは裏切りにおいて自分の行った役の責任を問われるのでしょうか?”自由意志”(たいていの人が理解している意味の)という概念を神の未来の予知と調和させるのは多くの人にとって難しいことです。これは、私たちに時間を直線上で経験するという限界があるせいです。私たちが、神は”時間”が始まる前にすべてを創造されたので、時間の外に存在しておられると見るなら、神が時間の中のすべての瞬間を現在として見ておられる事を理解することができます。私たちは時を直線的に体験します。時間を一直線にしてみます。そして、その直線のある点 から徐々に次の点に移ります。すでに通過した過去を思い出しますが、私たちに近づいてくる未来は見ることができません。しかし、時間を造られた永遠の創造主である神は、”時間”の外におられるのです。時間を(神に関しては)神が中心におられる円(だからすべての点に同等に近い)と考えると少しはわかるかと思います。

いずれにしても、ユダは自分で選択する能力がありました。少なくとも、「サタンが彼に入る」までは。(ヨハネ13:27)そして神の予知(ヨハネ13:10、18、20)がユダの選択力を奪うことは少しもないのです。それよりも、結果的にユダが選ぶであろうことを、神は現在起こったかのように観察されたのです。 そしてイエスさまはユダに自分の選択に対して責任があることを明確にされました。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたの一人で、わたしと一緒に食事をしている者がわたしを裏切ります。」 (マルコ14:18)イエス様がユダのすることを裏切りだと言われたことに注目してください。そして、この裏切りに対する説明責任について、イエス様は、「人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」(マルコ14:21)と言われました。ヨハネ13:26-27で見られるように、サタンも その役を買ったのです。そしてサタンもその行為に対して責任を問われます。神はその知恵で、いつものように、サタンの反逆さえもたくみに操って人類の益とすることができたのです。サタンは、イエス様を十字架につける手伝いをしました、十字架上で罪と死は打ち負かされました。今では、神の救いはだれでもイエス.キリストを信じて救い主として受け入れる人には自由に備えられているのです。



日本語のホームページに戻る



ユダはなぜイエス様を裏切ったの?