ヨハネ3:13はイエスの前に天国に行った人はいないという意味ですか?



 

質問: ヨハネ3:13はイエスの前に天国に行った人はいないという意味ですか?

答え:
ヨハネ3:13には「 だれも天に上った者はいません。しかし天から下った者はいます。すなわち人の子です。」と書いてあり、この箇所を理解する事は難しく、しばしば意味が取り違えられています。この箇所はまた、聖書に矛盾があると主張する人々に引用される事があります。この箇所の文脈、特に10-12節を読んでみると、イエスがご自分の教えの権威と信憑性について語っている事がわかります。13節でイエスはニコデモに、ただ一人天国から下ったイエスのみが完全な天国での知識を持って人々に教える事ができると教えているのです。

ですから、イエスの様に天の教えを権威を持って教える事ができる人はいないのです。これらの事を教えるにはイエスのみが経験した事柄を深く知っている必要があります。天国に上って、下ってきた人はいませんから、これらの事を教える事ができる人は、天から下ったただ一人の人物であるイエス以外にいないのです。イエスはご自身が、父なる神と顔を合わせて交わりを持った事があるただ一人の人物であり、神について語り、人々に伝える事ができるただ一人の人物である事を教えていたのです(ヨハネ1:18)。

ですから、この箇所には救われた人々が天国に行った事がないという意味はありません。エノクやエリヤは天国に行きましたし(創世記 5:24; ヘブル 11:5; II列王記 2:11)、アブラハム、イサク、ヤコブは他の人々も天国に行きました。つまり、この箇所は天国に上って帰ってきた、天について人々に教える事ができる人はいないという事を意味しています。「上る」という単語には権威を持ってある場所に行くというニュアンスがあります。神の御子であるイエスのみが天に権威を持って上った人物です。(ヨハネ1:14)



日本語のホームページに戻る



ヨハネ3:13はイエスの前に天国に行った人はいないという意味ですか?