私はエホバの証人ですが、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?



 

質問: 私はエホバの証人ですが、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?

答え:
福音派のクリスチャンとエホバの証人の共通点はどちらも聖書を神から与えられた、神について
、そして神が望んでおられることが書いてある権威ある書物と見なすところです。理解の仕方が違っても、エホバの証人は神と神の御心を知ろうとして聖書を勉強する姿勢は立派だと言えます。使徒の働きに登場するベレアの人々のように私たちも全てを聖書の教えと照らし合わせて考えるべきです。そのために新世界訳(ものみの塔が出版している聖書の訳)を読んで様々な誤解を解いていきましょう。

神の名前
クリスチャンという名前はイエスキリストの弟子である、イエスキリストを礼拝する者たちがパウロの時代に初めて「クリスチャン(またはキリスト者)」と呼ばれるようになったことが由来です (使徒11:26)。パウロはクリスチャンである者はイエスキリストが誰なのか、またどんな働きをしたのか、何を教えたのかについての証人として生きるという者であると繰り返し教えました。それとは違い、エホバの証人は人々は父なる神(聖書でエホバと呼ばれることがある)に対する礼拝のみをするべきだと教えています。しかしながら、エホバという名前は実はクリスチャン達が母音が判明していない神の名前であるYHWH(今は読みがヤーウェと言われている)に母音をつけて作った読みなのです。福音派のキリスト者はイエスが父なる神とは役目が違いながらも完全に神であることを信じています。キリスト者はエホバという名前で神が呼ばれることがあることも認めていますが、聖書にある父なる神の呼び名は他にも多くあることも信じています。

エホバの証人はイエスが天使長のマイケルであると信じ、イエスの神性を否定しています。これは後にこの記事ではっきりすることですが、イエスの神性を否定すると、多くの聖書箇所に矛盾が生まれてきます。しかし、神のみことばには矛盾がなく、誤りがないことを知っています。ですから、神のみことばの真実を神の啓示と一貫した形で理解する必要があるのです。また、イエスの神性を認め、イエスが私たちの罪のために苦しみの僕としてこの世に来てくださった事を信じることで矛盾がなくなる箇所もあります。(下の箇所はエホバの証人が出版している新世界訳からの引用です。下線は私たちが加えました。)

神の栄光
(父なる神についての箇所)
イザヤ42:8「わたしはエホバである、それがわたしの名である。私はわたしの栄光をほかのだれにも与えず、わたしの賛美を刻像に与えることもしない」

イザヤ48:11「…わたしはわたしの栄光をほかのだれにも与えない。」

(イエスについての箇所)
ヨハネ8:54「…。わたしに栄光を与えて下さるのは、わたしの父、あなたがたが自分たち神である言うその方です。」

ヨハネ16:14「その者は私の栄光を表すでしょう…」

ヨハネ17:1「…父よ、時は来ました。あなたの子の栄光を表してください。…」

ヨハネ17:5「それで、父よ、世がある前にわたしがみそばで持っていた栄光でわたしを今ご自身の傍にあって栄光ある者としてください。」

ピリピ2:10「それは、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてのひざがイエスの名によってかがみ、」

ヘブル5:5「それで、キリストもまた[自ら]大祭司となって自分に栄光を付したのではなく、彼について、「あなたは、わたしの子。きょう、わたしはあなたの父となった。」と言われた方[によって栄光を与えられました。]」

救い主
(父なる神について)
イザヤ43:3「わたしが、あなたの神エホバ、あなたの救い主なるイスラエルの聖なる者であるからである。」

イザヤ43:11「わたしが-わたしがエホバであり、わたしのほかに救う者はいない。」

イザヤ45:21「それはわたし、エホバではないか。[わたし]を別にしてほかに神はいない。義なる神、救い主はわたしを別にしてはいない。」

(イエスについて)
ルカ2:11「きょうダビデの都市で、あなた方に救い主、主なるキリストが生まれたからです。」

使徒13:23「神は、ご自分の約束通り、この[人]の子孫からイスラエルに救い主、イエスをもたらされました。」

テトス1:4「父なる神とわたしたちの救い主キリストイエスから、過分の親切と平和がありますように。」

誰の御名に信仰を持つべきなのか (イエスについてのことば、またイエス自身のことば)
ヨハネ14:12「きわめて真実にあなたがたに言いますが、わたしに信仰を働かせる者は、その者もまたわたしの行っている業をするでしょう…」

使徒4:12「さらに、ほかのだれにも救いはありません。人々の間に与えられ、私たちがそれによって救いを得るべき名は天の下にほかに、ないからです」

使徒26:18「…わたしに対する信仰によって神聖にされた者たちの間にある相続財産とを受けるためです。』」

黙示録2:13「わたしは、あなたが住んでいる所を知っている。それはサタンの座のある所である。それでもあなたは、わたしの名をしっかり守り続けており…わたしに対する信仰を否定しなかった」

ヨハネ20:28-29「それに答えてトマスは彼に言った。『わたしの主、そしてわたしの神。』イエスは彼に言われた。『あなたはわたしを見たので信じたのですか。見なくても信じる者は幸いです。』」

ヨハネ20:31 しかし、これらのことは、イエスが神の子キリストであることをあなたがたが信じるため、そして信じるゆえにその名によって命を持つために記されたのである。

使徒2:38「ペテロは彼らに[言った]。『悔い改めなさい。そして、あなた方ひとりひとりは罪の許しのために、イエス・キリストの名においてバプテスマを受けなさい。そうすれば、無償の賜物として聖霊を受けるでしょう。」

1ヨハネ3:23「実際、[神]のおきてです。すなわち、わたしたちがそのみ子イエス・キリストの名に信仰を持ち…」

創造主か被造物か
エホバの証人はイエスを天使としてエホバが創造し、イエスが他のものを創造したと教えています。聖書はなんと言っているでしょうか?

(父なる神について)
イザヤ66:2「さあ、これら全てのものはわたしの手が造った。それでこれら全てはあるようになった。」

イザヤ44:24「…わたし、エホバは全てのことを行い、独りで天を張り伸ばし…」

(イエスについて)
ヨハネ1:3「すべてのものは、彼を通して存在するようになり、彼を離れて存在するようになったものは一つもない。」

イエスを通して全てのものが存在するようになったのならば、イエス自身は被造物ではないはずです。

イエスとエホバの名前や肩書き
イザヤ9:6「わたしたちのためにひとりの子供が生まれ、わたしたちにひとりの男子が与えられたからである。君としての支配がその肩に置かれる。そして彼の名は「くすしい助言者、力ある神、とこしえの父、平和の君」と呼ばれるであろう。」

黙示録1:8「エホバ神はこう言われる。『わたしはアルファであり、オメガである。今おり、かつており、これから来る者、全能者である。』」

黙示録1:17-18「…わたしは、最初であり、最後であり、また、 生きている者である。わたしは死んだが、見よ、限りなく永久に生きており、また、死とハデスとのかぎを持っている。」

黙示録2:8「…『最初であり、最後である者、死んで、生き[返った]者がこのように言う。」

黙示録22:12-16「見よ、わたしは速やかに来る。そして、わたしが与える報いはわたしとともにある。わたしはアルファであり、オメガであり、最初であり、最後であり、初めであり、終わりである…わたし、イエスは自分の使いを遣わし、諸教会のために、これらのことをあなたがたに証した。わたしはダビデの根、また子孫であり、輝く明けの星である。」

黙示録21:6-7「そして、その方はわたしに言われた。「事は成った!わたしはアルファであり、オメガであり、初めであり、終わりである。だれでも渇いている者に、わたしは命の水の泉から価なしに与える だれでも征服する者は、これらのものを受け継ぎ、わたしはその神となり、彼はわたしの子となるであろう。」

ヘブル1:13「しかし、み使いたちのうちのだれについて[神]はかつてこう言われたでしょうか。『わたしの右に座していなさい。わたしがあなたの敵をあなたの足台として据えるまで。』」

真実と一致
イエスの身代わりの贖いが受け入れられた理由は一つです:神は自分の義のみを受け入れられるからです。人間や天使の義では足りないのです。それでは神の義しい律法の神聖な、完全な基準を満たすことができないからです。イエスが神の義であり、神の律法が定める血をの生贄を捧げるために人間の体をとってこられ、イエスを信じる者全てのために死んだからこそ、イエスだけがその条件を満たすことができるのです。

私たちがイエスを人間の体をとってこられた神と信じるならば、上で引用された聖書箇所は真実であり全く矛盾がなくなることがわかったと思います。しかも、これらの聖書箇所を理解することは難しいことでもなく、そのままの意味で取れるものです。しかし、イエスが神以下の存在であり、天使の長であるマイケルだと信じようとするならば、これらの聖書箇所は文脈通りの解釈をすると互いに違うことを言っているのでどれかが間違っている事になります。ですから、神のみことばの真実は私たちが聖書が一致して、一貫していて、誤りも矛盾もないという事を信じる事を必要としています。私たちがイエスの神性を認めてこそ、聖書の一貫性が実現するのです。私たちが聖書を、自分の解釈したいように解釈するのではなく、そのままの意味で受けれ、神様が栄光を受けますように。

イエスキリストが人として来られた神であるという事について疑問があったら私たちに質問してください。人として来られた神であるイエスキリストを信じるという心の準備ができた方は次の祈りを神に捧げましょう。「父なる神様、私は自分が罪人でありあなたの怒りを受けるに値する存在である事を理解しました。イエス様だけが私を救う事ができる事を信じます。父なる神様、私を赦し、きよめ、変えてください。あなたの素晴らしい恵みとあわれみを感謝します!」

このサイトを読んで、キリストを受け入れる決意をされた方は、下の「私は今日キリストを受け入れました」 のボタンをクリックしてください。



日本語のホームページに戻る



私はエホバの証人ですが、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?