聖書は嫉妬について何と言っているの?



 

質問: 聖書は嫉妬について何と言っているの?

答え:
「嫉妬」という言葉を使うとき、私達は、自分が持っていない物を持っている誰かをうらやむというニュアンスで使います。この類の嫉妬心は罪であって、クリスチャンの所有するべき人格ではありません。この嫉妬心を持っている人はまだ肉に属していると言えるでしょう(第一コリント3章3節)。ガラテヤ書5章26節には「互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、虚栄に走ることのないようにしましょう。」と書いてあります。

聖書は神様が私達に示しておられる様な完璧な愛を持つようにと教えています。「愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。 礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず…」(第一コリント13章4-5節)。私達が自分自身や自分の欲望に注目すればするほど、神様に目を向ける事がなくなっていってしまいます。真理に向かって心をかたくなにするならば、イエス様に癒してもらうこともできません(マタイ13章15節)。代わりに聖霊様の導きに身をゆだねるならば愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和や自制などの実を結ぶ事ができるのです(ガラテヤ5章22-23節)。

私達が嫉妬心を抱く時、神様が下さった物に満足していない事が示されます。聖書は持っているものに満足する事と、神様が決して私達を見捨てない事を教えています(ヘブル13章5節)。嫉妬心と戦うためには、もっとイエスキリストの様になっていく必要があります。それには聖書研究、祈り、そして成熟したキリスト者達との交わりが必要です。自分よりも他人に仕えて生きる事を学ぶにつれて私達の心も変えられていくのです。「この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい」(ローマ12章2節)。



日本語のホームページに戻る



聖書は嫉妬について何と言っているの?