神は死んだのか?


質問: 神は死んだのか?

答え:
"神は死んだ"という教えの専門的ことばは、 theothanatology, 三つの部分のギリシャ語; theos (神)+ thanatos (死) + logia (言葉)の複合された語です。

ドイツの詩人/哲学者のフレドリック.ニーチェが19世紀に"神は死んでいる"ということを言ったことで最も有名です。ニーチェはギリシャ哲学と進化論に影響されて、「神は死んでいる。ずっと死んだままである。そして私たちが殺したのだ。私たちは殺人者の殺人者、どうやって私たちを慰めることができるだろう?、、、この行為の偉大さは私たちにとって偉大過ぎるだろうか?我々自身が神にならなければならないのか?我々はそれに値するのか?」(ニーチェ、悦ばしき知識、125)

ニーチェの目的は"伝統的な道徳"―特別にキリスト教―をなくすことで した。—なぜなら彼の頭の中では、キリスト教は利己的な宗教リーダーが弱い無知な大衆を支配しようとしていることを代表していたからです。ニーチェは神という"考え″はもう必要ないと信じていました。事実、人間が進化してきてより深いより満足できる"意のままにできる道徳"を自分で造り出すところまで来ているので神はもう無関係だというのです。

ニーチェの〝神は死んだ″という哲学は実存主義、ニヒリズム、社会主義へと勧めのに使われました。トーマス.J.J アルテイザー、ポール.バン.ビューレンなどの過激派の神学者たちは1960年、1970年代に,"神は死んだ"という考えを主張していました。

神は死んだ、宗教はもう無関係だという考えは自然と以下のような考えに行き着きます。

1) もし神は死んだなら、もうすべての人が従うべき道徳的絶対も普遍的水準はない。

2)もし神が死んだなら、人生の目的も理性的秩序もない。 .

3) もし神が死んだのなら、宇宙に見られるどんなデザインも、必死になって人生に意味を見つけようとする人間たちによって映写される。

4)もし神が死んだのなら、人間は独立して完全に自由に自分の価値観を作ることができる。

5) もし神が死んだのなら、現実の(天国と地獄の反対の)世界だけが人間の胃いつの関心事になる。

〝神は死んだ″という考えは、主に私たちの生活における神の権威に対する挑戦です。私たちが自分自身の規則を作りだしても安全だという考えは.、蛇がエバに行ったウソです。「、、、あなた方がそれを食べる時、神のようになる。」(創世記3:5)ペテロは私たちに警告しています。「、、あなた方の中にもにせ教師現れるようになります。彼らは、滅びをもたらす異端をひそかに持ち込み、自分たちを買い取ってくださった主を否定するようなことさえして、自分たちの身にすみやかな滅びを招いています。)(2ペテロ2:1)

〝神は死んだ″という議論は、通常、芸術家や知識人に、理性的な、力尽ける哲学だとして提供されます。しかし聖書は愚かだと呼んでいます。「愚か者は心の中で、神はいないと言っている)(詩篇14:1) 皮肉なことに、〝神は死んだ"という哲学を信じる人たちは、彼らが死んだ時その哲学の致命的誤りを発見するでしょう。

English


日本語のホームページに戻る
神は死んだのか?