聖書の霊感に関する違った理論には何がありますか ?


質問: 聖書の霊感に関する違った理論には何がありますか ?

答え:
霊感についての教理は、聖書は神の息がかかっているので、私達の信仰と実生活の間違いのない規則であるという教理です。もし聖書が単に人間の想像から来ているのなら、その教理に道徳的なガイドとして従わなければならない理由はありません。聖書そのものが大胆にも神の霊感によって書かれたと主張します。「聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。それは、神の人が、すべての良い働きのためにふさわしい十分に整えられた者となるためです。」(2テモテ3:16,17) この節で聖書について二つのことに気付きます。1)聖書は"神の霊感による" 、2)それはクリスチャン生活にとって"有益"である。

霊感について4つの見解があります。
1. 新正統派学的霊感説
2. 口述霊感説
3. 有限的霊感説
4. 絶対的逐語的霊感説

新正統派学的霊感説は神の超越性を強調します。新正統派は、神は私たちとまったく違うので、私たちが神を知る唯一の方法は直接の啓示を通してであると教えます。神の超越性という考えは、自然神学(例えば、神の被造物を通して、神を知ることができるという )の概念を否定します。さらに、新正統派は、聖書が神のことばだということを否定します。それよりも聖書は、神のことばイエスの証人、または仲介者だというのです。 新正統派の霊感の理論は、聖書の中のことばは神のことばではない、堕落した人間によって書かれた誤りのあることばなのです。 聖書は、時々神がことばを用いて人に語ることができる時だけ、"霊感がある"のです。

新正統派の霊感説は、まったく霊感ではありません。もし聖書が間違いのある人間によって造り出された誤りのある書だったなら、実は全く価値がないことになります。少なくとも他の書以上には。神は聖書を通してと同じように 、他の作り話を通しても"語る"ことができるということになります。

口述霊感説は、神が聖書の著者で、個人的な人間の著者たちは秘書として、神の口述を書きとっただけとみなします。神が語られるままを人間が書き取ったのです。 この考えにはいくらか調書があります。なぜなら、聖書の一部に神が本質上、"これを書き記せ"と言われている所がありますので。(例えば、エレミヤ30:2)しかしすべての聖書がそう言う方法でできたのではありません。モーセ五書は、本質的にユダヤの人々が約束の地に入る前までの記録です。 モーセが主要な著者なのですが、初めのころの歴史の記録は、疑いなくモーセが集めたものなので、五書の多くの部分はモーセの編集の仕事を要求しました。ルカはその福音書の始めに、福音書を書く前に、イエスの人生に起こった出来事を詳しく調べたと述べています。(ルカ1:1-4)多くの預言の書は預言者の生活の日記のように読めます。 結局、口述霊感説は、聖書のある部分だけを説明していて、すべて、またはほとんどの部分も説明していないのです。

有限的霊感説は口述霊感説の反対です。口述節は、聖書は、人間の最少の貢献があるけれども、主に神のわざだとみなす一方、有限説は聖書は、有限的な神の助けはあるけれど、主に人間のわざだとしています。 有限的霊感説は、神が人間の著者たちを導かれるが、それぞれの著者に表現の自由を許された、―事実や歴史的な間違いさえも許されたというのです。幸運なことに聖霊が、神学的な誤りをしないように保護されました。この見解の問題は 、もし聖書が歴史的な記録において間違いを起こしやすいのなら、神学的な問題に関して聖書をどうして信頼することができるのかということです。有限的霊感説は、聖書の信頼性を疑うことになるのです。 この見解は、聖書の創世記から黙示録までの贖いの物語は、人間の歴史の背景に対して語られている―教理は歴史の中に織り込まれているのです―ということを無視しているようです。私たちは勝手に歴史は正確でないと言った後で、しかし歴史には教理的真理の核心が含まれている言うことはできません。

最後の見解、正統派のキリスト教の見解は絶対的逐語霊感説です。"絶対的"とは、"完成した、全部"という意味です。"逐語的"とは、"聖書のすべての単語"という意味です。それで、絶対的逐語的霊感説とは、聖書のすべての単語が神のことばそのものだという見解です。 霊感を受けたのが単に考えや概念ではなく、一つ一つの単語すべてが霊感を受けて書かれたのです。2テモテ3:16-17 は独特のギリシャ語のことば. theopneustos, を使っています。神の息がかかったという意味で、神の口から神の息が吹き出されて、聖書が出てきたのです。聖書のことばは神のことばなのです。

さらに、「預言は決して人間の意志によってもたらされたのではなく、聖霊に動かされた人たちが、神からのことばを語ったのです。」(2ペテロ1:21)この箇所は、神がどのようにして人間の著者に霊感を与えられたかのヒントを与えてくれます。人が「聖霊に動かされて」語った(または書いた)のです。この"動かされる"という動詞は 、風を含んだ帆が船を水上に運んでいくことを述べるのに使われます。人間の著者が紙の上にペンを置いた時、聖霊が彼らを動かしました。それで彼らの、書いた物は神の口からの息がかかった神のことばだったのです。だから、個人的な著者の性格を保ちながら(パウロの書簡の様式はヤコブやヨハネのそれとは非常に違っています』)ことばそのものは神が書いてほしいと思われたものとまったく同じなのです。

聖書の霊感の正しい見解は、正統派の教会の見解です。聖書は絶対的逐語的霊感を受けた神のことばなのです。

English
日本語のホームページに戻る
聖書の霊感に関する違った理論には何がありますか ?