イエスの人間性はなぜ重要なのですか?



 

質問: イエスの人間性はなぜ重要なのですか?

答え:
イエスの人間性はイエスの神性と同様に重要です。イエスは完全に神でありながら、人としてお生まれになりました。 イエスの人間性が神性と共存するという考えは、限界のある人間の頭では、理解するには困難なことです。しかしながら、イエスの性質―完全に人間で、完全に神であること-は聖書的な事実です。中にはこれらの聖書的事実の真理を否定して、イエスは人間ではあるが神ではないと宣言する人たちがいます。仮現説というのは、イエスは神であって、人間ではないという説です。両方とも非聖書的でウソです。

イエスが人間として生まれなければならなかった理由がいくつかあります。一つはガラテヤ4:4-5にあります。「しかし、定めの時が来たので、神はご自分の御子を遣わし、この方を、女から生まれた者、また律法の下にある者と為さいました。これは律法の下にある者を贖いだすためで、その結果、私たちが子としての身分を受けるようになるためです。」人間だけが律法の下に生まれることができました。どんな動物もみ使いも“律法の下”にはないのです。 人間だけが、律法の下に生まれるのです。人間だけが同じ律法の下に生まれた他の人間 を贖うことができました。神の律法の下に生まれた人はすべてその律法に違反しています。完全な人間-イエスキリスト―だけが完全に律法を守り、完全に律法を成就することができました。それによって、私たちをその罪から贖うことができたのです。イエスは十字架で私たちの贖いを達成されました。私たちの罪をイエスの完全な義と交換して。(2コリント5:21)

イエスが完全に人間でなくてはならなかったもう一つの理由は、罪の赦しのために血を流すことが必要だと神が制定されたからです。(レビ記17:11;へブル9:22)動物の血は、完全な神と人の血の前兆として、一時的に受け入れられたのですが、永久の罪の赦しには十分でなかったのです。なぜなら、「雄牛とヤギの血は、罪を除くことができません。」(へブル10:4)完全な神の子羊.イエス.キリストは、人間としてのいのちを犠牲にして、キリストを信じる者すべての罪を贖うために、人間の血を流されました。もしキリストが人間でなかったなら、これは不可能だったでしょう。

さらに、イエスの人間性によって、み使いや動物にはできない方法で私たちと関係を持つことができます。「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。」(へブル4:15)人間だけが私たちの弱さと誘惑に同情することができるのです。イエスは人間として、私たちが会うのと同じような試練を受けられました。それで、イエスは私たちに同情して、私たちを助けることができるのです。イエスは誘惑に会い、迫害を受けられました。イエスは貧しさを経験し、軽蔑されました。肉体的痛みを受け、長引くもっとも残酷な死という悲しみに耐えられました。人間だけがこのようなことを体験し、人間だけが体験によってこれらのことを完全に理解することができたのでした。

最後に、イエスが肉体を取って来られることは必要なことでした。なぜなら、その真理を信じることは救いのために前もって必要なだからです。イエスが肉体を取って来られたと宣言することは、神からの霊のしるしです。一方、反キリストと彼に従う者たちはみなそのことを否定します。(1ヨハネ4:2-3)イエスは肉体を持って来られました。イエスは私たち人間の弱さに同情することができます。イエスの人間の血は私たちの罪のために流されました。彼は完全に神であり、完全に人間です。これは否定できない聖書的真理で す。



日本語のホームページに戻る



イエスの人間性はなぜ重要なのですか?