人間の本性とは何?聖書には人間の本性についてなんと書いてあるの?



 

質問: 人間の本性とは何?聖書には人間の本性についてなんと書いてあるの?

答え:
人間の本性とは人間を人間とする物であり、それは獣や他の被造物と異なり、私たち人間は理性や感性をもっています。人間以外にこれらの能力を持っている存在はありませんし、これらの能力が神からの賜物である事は明確です。私たちの理性は私たちが自らの本性や神のご性質について考え、神の被造物に対する御心を知る事を可能にしています。他の被造物に理性はありません。

聖書には神が人を神のかたちに創造されたと書いてあります。それは神が私たちに御自身についての理解といくらかご自分と同じ性質を与えて下さったという事です。私たち人間の本性は神のご性質を少しながら表しています。私たちはが愛するのは神が愛だからです(Iヨハネ4:16)。私たちは神のかたちに創造されているから私たちはあわれみを持ち、誠実で、正直で、親切で、寛容で、義しく生きる事ができるのです。これらの神からの性質が、堕落によって曲げられながらも私たちの内にはあるのです。

もともと、人間の本性は神が創造された完全な物でした。聖書は人間は「非常に良い」(創世記1:31)創造でしたが、それはアダムとエバの罪によって欠けた物となりました。それから全人類は罪の性質の犠牲になってきたのです。しかし人はキリストを受け入れるならば新しい性質を受け取るのです。IIコリント5:17には「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」と書いてあります。聖化とは私たちがさらに聖くなれるようにと神が私たちの新しい性質を成長させてくださるプロセスなのです。このプロセスは「幕屋」(IIコリント5:4)、古い人や古い性質と呼ばれる肉との戦いで多くの勝利と敗北を通して私たちが成長していく物なのです。私たちが天で栄光を受ける時に、新しい性質を受けた私たちは永遠にそのかたちを受けた神の臨在の中で自由となるのです。



日本語のホームページに戻る



人間の本性とは何?聖書には人間の本性についてなんと書いてあるの?