虐待性のある親をどうすれば敬う事ができますか?



 

質問: 虐待性のある親をどうすれば敬う事ができますか?

答え:
キリスト者にとって難しい問いかけの一つは、虐待性のある親を、十戒にしたがって(出エジプト20:12)敬うにはどうすればいいのかという物でしょう。神が良い、優しく、愛に溢れた親だけを敬うように命じられたなら簡単ですが、神は父と母を敬えとだけ書いてあり、条件はついていません。親に虐待されたり傷つけられた人々にとってこの命令を守る事は至難の技といえます。

「虐待」という言葉の定義は幅広い事を意味します。全ての必要を満たされながら、重要な愛と支持を受けずに育つ子供もいます。身体的な傷を受けなくても、時が経つにつれてその子供は精神的に乾き切り、太陽が当たらないところにある植物が枯れてしまうように、外見的には普通であっても、内面的には愛に飢えた、傷を負った大人となるのです。

また肉体的な暴力を受けずとも、幼少の頃から価値がなく、駄目なやつだと言い聞かされ続ける事で子供が感情的に参ってしまう事もあります。その子は何をしても嘲笑われてしまい、ついに何にも挑戦しなくなる人間になります。それは子供は大人が自分について言う事を信じるからであり、このように育った子供はやがて自分の殻にこもり、生きてはいなく、ただ死んでいないだけの人間になってしまうのです。これらは身体的な虐待を受けずとも精神的に傷ついた子供で、友人関係を築く事に苦労する、他の人とのコミュニケーション能力が欠如した人物となります。

上で書かれているのは虐待の些細な例です。もちろん明確に虐待と定義される場合もあります。ネグレクトを受けたり、殴る、蹴るなどされたり、最悪の場合性的虐待を受ける子供もいます。では、これらの虐待をした親をどのように敬うべきでしょうか?

まず大切なのは神が愛に溢れた天の父であり、神の命令は私たちがただ従うためだけに作られたのではなく私たちの益となる物である事を思い出しましょう。私たちが神に従いたいと心から願うなら、その命令がどんなに不可能に思えても神は私たちが従えるようにしてくださいます。まず、これは愛と信頼を学んだ事がない人には難しい過程ですが、私たちは天の父である神を愛し、信頼する関係を築く必要があります。まず小さな一歩を踏み出し、神に「あなたを愛し、あなたに信頼したいです、助けてください。」と祈りましょう。神は答えてくださいます。神だけが私たちの感情や姿勢を変えてくださり、壊れた人間関係や心を癒す事ができる方です(ルカ4:18)。

私たちと神の関係が築かれたなら、神が聞き、答えてくださるという自信を持って神にあらゆる問題を委ねる事ができます(1ヨハネ5:14-15)。このように神に信頼する神の子供は皆聖霊が心に働きかけて下さる事を感じ始めます。神は子供の時に受けた虐待によって石に変えられた心を救いのわざによって肉の心に変え、感情を取り戻させてくださいます(エゼキエル36:26)。

次のステップは赦す事です。これは、特に最悪な虐待を経験した人には不可能に感じるかもしれませんが神にとって全ての事は可能です(マルコ10:27)。被害者の心には恨みが根付いているかもしれませんが、私たちが望むならば聖霊が和らげる事ができない物はありません。私たちが必要なのは日々、恵みの父なる神に状況を委ね、このようなひどい仕打ちをした親をどうすれば赦す事ができるのかと聞く事です。

自分が赦す能力がない事を神に告白する事を恐る必要はありません。赦さない事は罪ですが、絶対に自分を傷つけた相手を赦さないと心を頑なにし、赦さないという選択をする場合にそれが罪となるのです。神の子供が自分ができない事を神に告白し、助けを求める際、怒りに満ちた神ではなく、愛、恵み、憐れみと助けたいという望みに溢れた父が迎えて下さるのです。

聖霊が私たちの心の中での働きを初めてくださると、私たちは自分の親に対する観点が変わってくる事に気づくでしょう。あなたにひどい仕打ちをした両親、またはそのうちの一人が自分も同じ仕打ちを受け、自分の行動があなたに深い傷を与えた事を知らないかもしれませんし、あなたが自分の悲しみと怒りのはけ口だったのかもしれません。親の行動の理由がわからずとも、神は私たちが人を赦せるように祈る事を通して私たちのたましいと霊が恨みに支配される事がないようにとを望んでおられます。

親から信じがたいほどにひどい仕打ちを受け、愛を受けなかったにもかかわらず全能の神の憐れみと力に信頼する事を学び、癒しを受け、親を赦し、愛する事ができるようになった人々の証がいくつもあります。親を神に委ねる事で親さえも変わり始め、神のもとに家族が愛に溢れる家族になったケースもあります。エペソ6:2-3には「『あなたの父と母を敬え。』これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、『そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする』という約束です」と書いてあります。



日本語のホームページに戻る



虐待性のある親をどうすれば敬う事ができますか?