歴史的前千年王国説とは何?


質問: 歴史的前千年王国説とは何?

答え:
歴史的前千年王国説とデイスペンセーション主義的前千年王国説は終末論の二つの違ったシステムです。以下に二、三の違いの例を述べます。 •歴史的前千年王国説は、教会は旧約聖書の預言の先見の幻だと教え、一方デイスペンセーション主義は教会については旧約聖書の預言者にはほとんど、又は全くと言うほど言及されていないと教えます。

•歴史的前千年王国説では現在の恵みの時代は旧約聖書で預言されていたと教えます。 デイスペンセーション主義は、現在の時代は旧約聖書には見えていなかったが、それで、ユダヤ人が王国を拒んだので、歴史に挿入された〝偉大なかっこ″として紹介されたという立場をとります。

• 歴史的前千年王国説はキリストの再臨の後、千年間の王国を教えますが、歴史のほかの偉大な出来事を分類することには関心を持っていません。 通常、デイスペンセーション主義は時間を7つの期間.に分けます。 現在の時期は6番目のデイスペンセーションで、最後の期間はキリストの再臨後の千年王国の時代です。

• 歴史的前千年王国説は、後艱難時代説で、デイスペンセーション主義の前千年王国説では普通,前艱難時代の見解をとります。

前千年王国説の終わりの時は、こうして二つの違った見解に分かれます。:歴史的前千年王国説とデイスペンセーション主義の前千年王国説です。聖書は未来に関する多くの預言を含んでいます。、新約聖書は地上に再臨されるイエスについて幅広く述べています。 マタイ24章、黙示録の大部分、1テサロニケ4:16-18 は、再臨についてより顕著な言及をしています。

歴史的前千年王国説はキリスト教の時代、初めの3世紀の間に広く大多数のクリスチャンが信じていました。エイレオイオス 、ユスティノス、テルトゥリアヌス、ヒッポリゥトスヤその他の多くの初期教会の教父たちは、キリストの再臨の後に地上に目に見える神の御国が建てられると教えました。歴史的前千年王国説は、地上に反キリストが現れ、7年間の艱難時代が始まる と教えました。次に空中携挙が起こり、イエスとその教会は地上に戻って、千年間地を支配します。そして忠実な者たちは新しいエルサレムで永遠に住むことになります。

4世紀にキリスト教がローマの正式な国教になった時、多くのことが変わり始めました。歴史的前千年王国説の容認も含めて。無千年王国主義がすぐにローマカトリックの一般的な教理になりました。

最も大きな影響を及ぼす歴史的前千年王国主義者のうちの一人がジョージ.エルドン.ラッドです。彼は福音主義の新約聖書の学者でフラー神学校の新約聖書の解釈学と神学の教授です。 歴史的前千年王国説が20世紀の福音主義者や改革派の神学者の間で学問的尊敬と人気を集めたのは、ラッドの著書を通してでした。 他の有名な前千年王国主義者には、ウォルター.マーティン;ジョン.ワーウィック.モンゴメリー;J.バートン.ペイン;ヘンリー.アルフォード、著名なギリシャの学者;そしてシオドア.ザン、ドイツの新約聖書の学者が含まれます。

歴史的前千年王国説は、プロテスタント教会で支持のある一つの終末論の仕組みです。一般的に、すべての前千年王国主義者は、艱難時代の後に、すべての人がキリストの権威の下に1000年の平和な時を過ごすと教えています。その後に短い最後の戦いがあり、サタンは永遠に征服されます。空中携挙が他の出来事の間のどこに位置するかが歴史的前千年王国説とデイスペンセーション主義の前千年王国説との大きな違いの一つです。

English
日本語のホームページに戻る
歴史的前千年王国説とは何?