私はヒンズー教徒ですか、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?



 

質問: 私はヒンズー教徒ですか、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?

答え:
ヒンズー教とキリスト教を比べることは、ヒンズー教を理解することは西洋の思考には難しい事もあって、容易ではありません。ヒンズー教には長い歴史と多くの神学があります。これほどまでに多彩で、隅々まで飾られている宗教は他にないのではないでしょうか?ですから、宗教を比較することに慣れていない人にとってヒンズー教とキリスト教を比べることは容易ではありません。よって、上の質問に答えることは慎重に、へりくだった心でするべきです。したがって、この記事に書かれている解答は完全でもなく、ヒンズー教の理解の氷山の一角ほどの情報です。この記事は二つの宗教の相違点を何点かあげ、なぜキリスト教を検討する必要があるのかについて書かれたものです。

一つ目に、キリスト教はその歴史的正確さのゆえに検討されるべきです。キリスト教史は考古学や本文批評を見てもわかるように、歴史に沿って起こった事実なのです。ヒンズー教にも歴史がありますが、その神学、神話と歴史が混ざり合ってしまっていてどこからどこまでが神話でありどこからが歴史なのかもわかりません。ヒンズー教の神話の存在はヒンズー教内でも認められていて、それぞれの神々の性格や性質の説明となっています。歴史的多義性を持つヒンズー教は柔軟性に優れていますが、同時に歴史的ではない宗教は審査しにくくなってしまいます。よってその宗教が間違っているとも、正しいとも決定づけることができなくなってしまうのです。キリスト教の神学を確証しているのはユダヤ人の歴史とクリスチャンの伝統の歴史です。アダムとエバが存在しなかったら、イスラエルがエジプトから脱出しなかったら、ヨナの話が神話であったなら、イエスが実際に存在しなかったら、キリスト教はその時点で崩れ去るのです。キリスト教にとって、間違った歴史は間違った神学につながります。歴史との近い距離がキリスト教の弱点と思う人もいるでしょうが、その「弱点」は歴史的に確証されていて、強さに変わるのです。

二つ目に、キリスト教もヒンズー教も重要な歴史人物がいますが、イエスのみが死から復活した肉体を持っていたことがわかっています。歴史上には多くの賢い人物がいて、宗教を始め、ヒンズー教にも多くの賢い指導者たちがいます。しかしイエスは彼らとは少し違います。イエスの教えは皆、神の教えのみが超えることができる試練を越えてきました、それはイエスご自身も教えた死と肉体的復活です(マタイ 16:21; 20:18-19; マルコ8:31; ルカ9:22; ヨハネ20-21; 1コリント15)。

さらに、キリスト教の復活の教えはヒンズー教の輪廻転生の教えとは違い、これらの二つの教えは別々のものです。歴史的、証拠的研究を通して考えて、復活の教えのみが立証されることができます。イエスキリストの復活は特に、宗教的、非宗教的学会のどちらからも認められています。しかしこれはヒンズー教の輪廻転生の教えを確証するわけではありません。以下の相違点をご覧ください。

復活には一度の死、一つの命、一つのやがて死ぬ肉体と新しい死なない栄光の体が関わってきます。復活とは神の力によるものであり、一神教的であり、罪からの救いであり、世界の終わりに起こることです。それとは反対に、輪廻転生には複数の死、複数の命、複数のやがて死ぬ肉体があり、死なない体はありません。さらに、輪廻転生は自然の摂理によって起こるとされており、凡神論的で、カルマに影響を受け、常におこっているとされています。もちろん、相違点を挙げるだけではどちらが正しいかなどを定める事はできません。しかし、歴史的に見て復活がおこった事が証明できるならば、二つの死後の世界についての説の相違点をはっきりさせる事によって、正しい説と間違っている説がどちらなのかがわかるでしょう。そこで、キリストの復活と、復活についての教理を見てみる事が必要になってきます。

三つ目に、歴史的に見てキリスト教の聖典である聖書が優れている事から、聖書を調べる必要も出てきます。多くの検査において聖書はヒンズー教のべーダより、そして他の宗教の聖典よりも優れている事がわかっています。そして聖書の歴史は素晴らしく、世界中にある極めて古い書物の中で一番歴史的に立証できるので、聖書を疑う事は歴史自体を疑う事にもなるとも言えます。旧約聖書よりも歴史的に立証できる点で優れている唯一の書物は新約聖書です。次の点を見てみましょう。

1) 他のどの古代の書物よりも、新約聖書の写本の数の方が多いーギリシャ語の新約聖書の写本は5000あり、他の言語も合わせると全部で24000もの写本があります。古代の本は、写本の数が多いとそれらを全て比べる事ができ、より良い調査をする事ができ、原本になんと書いてあるのかを正確に知る事ができます。

2) 新約聖書の写本の年代は他のどの古代の書物の写本よりも原本に近いものです。原本は全て目撃者の世代である1世紀に書かれたものですが、今見つかっている写本には西暦125年に書かれたものがあり、新約聖書全体の写本を揃えても、全て西暦250年以内のものが揃います。新約聖書の全ての書簡が目撃者の世代に書かれたと言う事は、記録されている出来事が神話や都市伝説に変えられる時間がまだなかったと言う事です。それに加え、書簡の内容は個人的な目撃者であり、事実を確認する事ができる教会の人々がみる事ができました。

3) 新約聖書は他の古代の書物よりも信憑性がある事が立証されています。ジョン・R・ロビンソンの「神に対しての正直(Honest to God)」と言う本は新約聖書は99.9%原本に忠実(どの古代の書物よりも原本に忠実)であると書いています。新約聖書の時代のギリシャ語の専門家であるブルース・メツガーは少し控えめに95%と言っています。

四つ目に、キリスト教の信仰する一神教は凡神論や多神教よりも優れています。ヒンズー教がただ凡神論的であると言ったり、ただ多神教的と言う事は正確とは言えません。ヒンズー教の宗派によって、ヒンズー教徒は凡神論者になったり多神論者になったり一神教論者になったり、他の見解を持つ事もあります。しかし、ヒンズー教内で特に強い二つの傾向は多神論と凡神論です。キリスト教の一神教論はこのどちらよりも優れている事がはっきりしています。長くなってしまうので、この記事内ではこの三つの世界観を道徳の観点を通してのみ比べてみましょう。

多神論も凡神論も道徳感の土台は不安定です。多神論では、神々が大勢いるのならば、どっちの神が人間が守るべき道徳を教えているのでしょうか?神々が多くいるならば、それぞれの神々の道徳観が一致するか、不一致するか、存在しないかと言う可能性が出てきます。道徳感が存在しないならば、道徳とは人間によって作られたものとなり、土台がはっきりしなくなります。この場合の弱点は明確です。道徳観が矛盾しないとしたら、何を道徳の土台にするべきでしょうか?それがなんであろうとそれが神々よりも重要になってきます。このように他に道徳の土台があるとしたら神々は他の権威に従うと言う結果になります。よって、神々よりも優れた真実が存在する事になります。この事実は多神論を虚しいものとします。また、神々の道徳観が不一致するならば、一人の神に従う事は他の神に逆らうという結果になり、裁きを招いてしまいます。よって道徳は相対的なものなってしまいます。ある神の善は他の神にとって善ではないからです。例えば、カリに子供を生贄として捧げる事は一部のヒンズー教の宗派の考えでは立派とされても、多くの他の宗派にとってはひどい事とみなされます。しかし、子供を生贄にする事など、客観的にみて間違った事は存在のです。

凡神論も多神教と同じく道徳観において問題があります。凡神論は最終的には一つの神的現実があるとし、善と悪の区別をつけがたい教えです。善と悪の区別がつくとしたら、最終的に一つの真実と言うものは存在しかねるからです。よって凡神論は善と悪の区別がつけられず、善と悪と言う概念は一つの神的現実と言うものの中に混ざって行ってしまいます。また、善と悪の区別がつけられたとしても、カルマと言う教えによって道徳的区別がまた滲んでしまいます。カルマとは非人格的な、重力や慣性と同じく自然の摂理のような教理であり、悪いたましいに影響を与えるとき、それは神の裁きではなく、非人格的な、自然的な出来事です。しかし道徳にはカルマがもたらす事のできない人格が必要となってきます。例えば、私たちは人を叩くために使われた棒を悪いとする事はできません。それは棒は道徳性のない、人格を持たないただの物だからです。そうではなく、私たちは棒を使って人を叩いた人を責めます。それはその人格を持つ人には道徳性があるからです。同じように、カルマが人格を持たない自然的な物出会ったとしてら、それには道徳性がありませんし、道徳の土台とはなれません。

しかしながら、キリスト教の一神教論は神の人格に道徳の土台をおきます。神の性質は善であり、それによって神と神の御心に従う事が善とされ、神と神に逆らう事は悪とされます。ですから、一人の神が道徳の土台となり、善と悪についての客観的な知識が可能となるのです。

五つ目に、「罪をどうすればいいのか」と言う疑問が残っています。キリスト教はこの疑問に対しての答えが一番優れています。ヒンズー教は、仏教のように、最低でも二つの観点を持っています。罪は時には無知と言われ、人がヒンズー教の定義する真実を理解しなかったり知らなかったりする事が罪とされます。しかし罪と呼ばれる道徳的間違いがまだあります。地上の、また霊的法律を破るとか、何か間違った事をわざとするとか、悪を望む事は罪と呼ばれます。しかし罪の道徳的定義には本当の贖罪を必要とします。それではこの贖罪はどのようにして可能になるのでしょうか?カルマの摂理に従う事によって贖罪は可能になるのでしょうか?カルマは非人格的であり道徳性はありません。バランスをとるために善行をしたとしても罪がなくなる事にはなりません。カルマには非道徳的な事が間違っていると言う事さえも定める事ができません。例えば、誰も見ていないところで罪を犯したとして、誰に対して罪を犯した事になるのでしょう?カルマには人格がないのでそんな事は関係のない事となってしまいます。例えば、誰かの子供を誰かが殺したとして、その人が贖罪のつもりで賠償金を払い、土地を寄贈し、自分の子供を殺された子供の親にあげたとしても、その子供を殺してしまったと言う事実は消えません。その罪の贖いはお金では払えないからです。それでは贖罪はシバやビシュウに従う事で可能でしょうか?これらの神々が赦しを与える事ができ他としても、その罪の借りは返されていないままでしょう。これらの神々の赦しは罪がもともと罪ではないように取り扱う事にしかなりません。

しかし、キリスト教は道徳的間違いとして、そして最終的には人格を持っておられる神に対する間違いと罪をみなします。アダムの時代から人類はずっと罪深い存在です。罪は本当にあり、人類と極楽の間に無限の溝を作るものです。罪は正義を持って裁かれるものであり、同じ数かそれ以上の善行で相殺されるものでもありません。誰かが罪を犯した数よりも10回多くの善行をしたとしても、その人にはまだ罪があります。それではそのなくならない罪はどうなるのでしょうか?それらはどうでも良かった事のように赦されることはあるのでしょうか?それらは想像上のものであり全く意味のない事でしょうか?それは違います。罪は想像上のものとは呼べないほどに現実的なものですし、私たちが正直に考える時に自分が罪を持っている事ははっきりしてきます。罪を裁く事なく赦しを与える事は罪が罪でないと言う事と同じであり、私たちはそれが間違っている事も知っています。そして極楽というものは罪を持ったまま入る事も不可能です。カルマは私たちを罪から解放する事はなく、私たちがどこかで悪を行ったという気持ちも拭う事ができません。そして私たちに罪がある限り極楽は私たちを入れないか、私たちを入れて極楽でなくなるかしてしまうでしょう。

しかしキリスト教によると、全ての罪は裁かれると教えられていて、それが最後の審判で起こるか、もうすでにキリストの十字架での身代わりの死で成就されているかです。神は人となり、完全な罪のない人生を送り、私たちが受けるべきである裁きを受けて死なれました。キリストはは私たちの代わりに十字架に架かり、私たちのために贖罪をしてくださり、復活する事によって死も彼に打ち勝たない事を証明されました。そしてご自身を救い主であり主人と信じるもの全てに同じ復活と永遠の命を約束されています(ローマ3:10, 23; 6:23; 8:12; 10:9-10;エペソ2:8-9; ピリピ3:21)。

最後に、私たちは救われている事がキリスト教の教えによってわかります。私たちは儚い経験や自分の善行や熱心な座禅や瞑想をする事や、存在しない神々を信じる事によって存在させようとしなくても良いのです。私たちには生きておられる、真実の神がいて、歴史的に立証される事ができる信仰があり、様々な検査や研究に耐えられる聖書があり、土台のある道徳感があり、神とともに過ごす事ができる天国が約束されているのです。

それでは、これはあなたにとってどんな意味があるでしょうか?イエスこそが真実です。イエスこそが私たちの罪のための完全な生贄です。神は、イエスが私たちを友としてくださり、その命を私たちのために捨てて下さったというその賜物を受け取るならば私たちみんなに赦しと救いを与えてくださいます(John 1:12)。あなたがイエスを唯一の救い主として受け入れるならば天国での最高の平安を確信する事ができます。神はあなたの罪を赦し、あなたのたましいをきよめ、あなたの霊を新しくし、この地上でも命を豊かに持たせ、次の世での永遠の永安を下さいます。このような素晴らしい贈り物をどうして無視する事ができるでしょう?どうして自分を犠牲にするほどに私たちを愛してくださった神を無視する事ができるでしょう?

自分が何を信じているかよくわからないならば、次の祈りをしてみることをお勧めします。「神様、なにが正しいのかを私に教えて下さい。何が間違っているのかも示して下さい。そして救いへの正しい道を示して下さい。」そのような祈りを神はいつも喜んで下さいます。

もしイエスのことを救い主として受け入れたいのならば、ただ、声に出してもいいし、声に出さなくても良いので、神様に向かって、イエスキリストを通しての救いを受け取りたいと話しかけてみましょう。どう言って良いのかわからない場合は、次の例を参考にしてください。「神様、あなたの私への愛をありがとうございます。自分を犠牲にしてくださってありがとうございます。私に赦しと救いを与えてくださりありがとうございます。イエスを通しての救いを受け取ります。イエスを私の救い主として受け取ります。アーメン。」 このサイトを読んで、キリストを受け入れる決意をされた方は、下の「私は今日キリストを受け入れました」 のボタンをクリックしてください。



日本語のホームページに戻る



私はヒンズー教徒ですか、なぜクリスチャンになる必要があるのですか?