キリスト者が天国で受け取る冠にはどんなものがありますか?



 

質問: キリスト者が天国で受け取る冠にはどんなものがありますか?

答え:
新約聖書に書かれている、キリスト者に与えられる冠は5つあり、朽ちない冠、喜び、誇りの冠、義の栄冠、栄光の冠、いのちの冠です。冠と訳されているギリシャ語の単語はステファノス(最初の殉教者ステパノの名前の語源もこの言葉)であり、「王族の紀章、誇りの記し、勝者に与えられる賞品」などの意味があります。冠は古代ギリシャでのスポーツの賞品でした。 当時の冠は草でできたもので、勝者の頭に乗せられました。新約聖書でも同じように神に忠実な者たちに天国で冠が与えられると書かれています。Iコリント9:24-25でどのように冠が与えられるかが詳しく書いてあります。

1)朽ちない冠(Iコリント1 Corinthians 9:24-25)-「競技場で走る人たちは、みな走っても、賞を受けるのはただひとりだ、ということを知っているでしょう。ですから、あなたがたも、賞を受けられるように走りなさい。また闘技をする者は、あらゆることについて自制します。彼らは朽ちる冠を受けるためにそうするのですが、私たちは朽ちない冠を受けるためにそうするのです。」この地上の者は皆朽ち果てます。イエスは「 自分の宝を地上にたくわえるのはやめなさい。そこでは虫とさびで、きず物になり、また盗人が穴をあけて盗みます。」(マタイ6:19)と警告しておられます。パウロは勝者に与えられる草の冠もやがて枯れてしまう事を指していましたが、天国で与えられる冠は朽ちる事が無いのです。神に忠実な者は「朽ちることも汚れることも、消えて行くこともない資産」(Iペテロ1:3-5)を受け取るのです。

2)喜び、誇りの冠(Iテサロニケ2:19)–「私たちの主イエスが再び来られるとき、御前で私たちの望み、喜び、誇りの冠となるのはだれでしょう。あなたがたではありませんか。」使徒パウロはピリピ4:4で「いつも主にあって喜びなさい。」と言っています。それは神が私たちに下さった恵みに溢れる祝福のゆえです。キリスト者として私たちは喜ぶべき事が多くあります。ルカは天国でも喜びがあると書いています(ルカ15:7)。喜びの冠は神が私たちの「目の涙をすっかりぬぐい取ってくださる。もはや死もなく、悲しみ、叫び、苦しみもない。なぜなら、以前のものが、もはや過ぎ去ったからである。」(黙示録21:4)という天国で私たちに与えられるの。

3)義の栄冠(IIテモテ4:8)–「今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現れを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。」私たちはキリストの義を通して初めてこの義の冠を受け取る事ができます。それはこの冠は力ずくで奪ったりだまし取ったりできる地上の冠とは違い、永遠に朽ちる事の無い、主が再び来られる事を待ち望む、義と認められた者に与えられるのです。失望、迫害や患難、死さえも耐え忍ぶ事を通して私たちは私たちの報酬は永遠にキリストにある事を知る事ができるのです(ピリピ3:20)。この冠は独善的な人物に与えられる物ではありません。それはこのような姿勢は高慢さを生み出し、神とともにいたいという思いを生み出さないからです。

4)栄光の冠(Iペテロ5:4)–「そうすれば、大牧者が現れるときに、あなたがたは、しぼむことのない栄光の冠を受けるのです。」栄光という言葉は興味深く、神のご性質とみわざを指している言葉であり、神の素晴らしさと眩しさを表しています。石打ちの刑を受けて、死と直面したステパノは天を見る事ができ、神の栄光を目の当たりにしました(使徒7:55-56)。この言葉はまた私たちが神に、その素晴らしいご性質のゆえに捧げる賛美と敬いを表しています(イザヤ42:8; 48:11; ガラテヤ1:5)。キリスト者は、素晴らしい事に、天の御国に入り、イエスキリストのかたちに変えられるという素晴らしい栄光の冠を受ける事ができるのです。パウロが「今の時のいろいろの苦しみは、将来私たちに啓示されようとしている栄光に比べれば、取るに足りないものと私は考えます。」(ローマ8:18)と言っている通りです。。

5)いのちの冠(黙示録2:10)–「あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。見よ。悪魔はあなたがたをためすために、あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。あなたがたは十日の間苦しみを受ける。死に至るまで忠実でありなさい。そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。」この冠は全てのキリスト者に与えられる物ですが、特に苦しみを耐え忍ぶ者、イエスのために迫害され、殉教した者たちにとって特別な者です。聖書でいのちという言葉が用いられる際に、神との正しい関係を指している事がしばしばあります。イエスは「わたしが来たのは、羊がいのちを得、またそれを豊かに持つためです。」(ヨハネ10:10)と言われました。空気、水と食べ物が肉体的な命に必要なように、イエスこそが霊的命に必要なのです。イエスのみが「いのちの水」を与え、「いのちのパン」なのです(ヨハネ4:10; 6:35)。私たちの地上生涯はやがて終わりますが、イエスを通して神の元にくる人々にはいのちが与えられるのです。「それがキリストご自身の私たちにお与えになった約束であって、永遠のいのちです」(Iヨハネ2:25)。

ヤコブはいのちの冠は神を愛する全ての者に与えられると言っています(ヤコブ1:12)。では、私たちはどのように神への愛を示すべきでしょうか?使徒ヨハネは「神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。」(Iヨハネ5:3)と教えています。神の子供として私たちは神の命令を忠実に守るべきです。私たちは必ず訪れる苦しみ、痛み、患難を生きる限り耐え忍び、「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないで」(ヘブル12:2)生きる事でやがていのちの冠をうけとるのです。



日本語のホームページに戻る



キリスト者が天国で受け取る冠にはどんなものがありますか?