福音書の一致とは何ですか?



 

質問: 福音書の一致とは何ですか?

答え:
福音書の”一致”とは4つの福音書の同意することです。新約聖書の4つの福音書は、4部からなる聖歌隊の歌手たちのようなものです。ひとりひとりに独特な歌う部分がありますが、それらが一緒になって美しい音楽を奏でます。4つの福音書はそれぞれが、ほんの少し違った眺望からイエス様の証しを伝えていますが、どれも同じ物語を語っています。それゆえ、福音書はみな互いに一致しているのです。福音書の記事を年代順に一列に整列する本は、福音書の一致と呼ばれます。いくつかの聖書は、福音書の一致という参照の部分を含めていて、同じことをしています。

マタイ、マルコ、ルカは、”共観福音書”と呼ばれています。イエスの人生で起こった多くの同じ出来事を含めているからです。(“共観”とは“同じ眺め”という意味)ヨハネは他の福音書が記録しなかった隙間を埋めて、独自な位置を保っています。それぞれの福音書がそれぞれ違った読者に向けて書かれて、イエスの働きの異なった面を強調しています。マタイの福音書は、主にユダヤ人に向けて、イエスがどのようにして王なるメシヤの預言を成就されたか を強調して書かれました。マルコは主にローマ人、または異邦人のクリスチャンに向けて書いてあります。それで、旧約聖書の預言は少ししか書かず、多くのユダヤ人のことばや習慣を説明しています。マルコでは、イエスは神のしもべとして描写されています。ルカも主に異邦人のクリスチャンに向けて書かれています。それで、ルカもユダヤ人の習慣を説明し、ギリシャ語の名前を使っています。ルカはイエスの生涯を順序正しく書こうとして、イエスの完全な人間性を強調して、イエスを人の子として紹介しています。ヨハネの福音書は神の子としてのイエスを強調し、イエスのご自分についての啓示を他の福音書よりも、多く含んでいます。またヨハネの福音書には、イエスの最後の日々に起こった出来事の描写がずっと詳しく書いてあります。

ある人々は、福音書の物語に矛盾があるように見える所を指摘して、聖書の信用を疑うようにしようとしました。彼らは出来事が記録されている順序が違うことか、またはそれらの出来事の重要でもない詳細の違いを指摘します。 4つの記述を並べてみると、それぞれが同じ厳密な年代順配列になっていないことがわかります。これは、多くの記述が話題の順に配置してあるからです。つまり出来事が似たような主題によって分類されているからです。私たちも毎日会話をするとき、たいてい話題の順に会話します。

小さな詳細の違い、例えば、キリストの墓の前のみ使いの数(マタイ28:5;マルコ16:5;ルカ24:4;ヨハネ20:12)はその箇所自体に語らせることで答えが出ます。マタイとマルコは“一人のみ使い”と言っているのに、ルカとヨハネは二人のみ使いのことを言っています。 しかしながら、マタイもマルコも一人しかいなかったとは言ってません。;ただそこにひとりの御使いがいたと言っているのです。そのような違いは補足し合うもので、矛盾ではありません。新しい情報が加えられるかも知れませんが、絶対に古い情報の真実を否定するのではありません。

聖書の他の部分と同じく、4つの福音書は人間のための神の啓示の美しい証しです。取税人(マタイ)、訓練されていない、中途で辞める過去のあるユダヤ人の若者(マルコ)、ローマ人の医者(ルカ)、そしてユダヤ人漁師(ヨハネ)がみな、一致したイエスの生涯の証しを書いたことを想像してください。 神の介入なしには、絶対に彼らがこのように驚くばかり正確な記述を書くことはできなかったでしょう。(2テモテ:16)歴史、預言、個人的詳細がみなともに働いて、一つの最高に正確なイエスの描写―メシヤ、王、しもべ、神の御子―を構成しています。



日本語のホームページに戻る



福音書の一致とは何ですか?