聖書的な離婚の理由は何?



 

質問: 聖書的な離婚の理由は何?

答え:
離婚について聖書が何と言っているかを議論するとき、マラキ2:16の「『わたしは離婚を憎む』とイスラエルの神、主は仰せられる。」を頭に入れておくことが大事です。 聖書が離婚についてどんな可能な理由を挙げていてもどの場合でも神が離婚を望んでおられると言う意味ではありませなん。「~は離婚の理由になるか」と問うよりも、しばしば「~は赦し、又は修復とカウンセリングの理由になるだろうか」と問うべきです。

聖書は二つの明らかな理由を挙げています。(1)性的不品行(マタイ5:32;19:9)  (2)未信者が伴侶を捨てたとき(1コリント7:15)この二つの場合ですら、離婚は要求されず、勧められてもいません。性的不品行と伴侶の遺棄について言えることは、それが離婚の理由(許可)になるということです。告白、赦し、和解、そして修復がいつでも第一の段階になるのです。離婚は最後の手段とするべきです。

聖書が明確に挙げている理由以外に離婚の理由はあるのでしょうか?多分あるかもしれませんが、私たちはみことば以上のことを推定すべきではないのです。聖書が述べている以上のことを超えるのは非常に危険です。(1コリント4:6) 離婚の追加の理由として最も問われるのは、伴侶の虐待(精神的、又は肉体的)、子供の虐待(精神的、肉体的、又は性的)ポルノや薬物、又はアルコールの依存症、犯罪/禁固刑、家計の管理を怠ること(賭け事などで)などです。これらのどれも、聖書が明確に示す離婚の理由とは言えません。.

だからと言って、これらが必ずしも、どれもが神が認められる離婚の理由にならないというわけではないのですが。たとえば、肉体的に妻や子供を虐待する夫と妻が一緒に暮らすことを神が望んでおられるとは思われません。その場合、妻は、断然、虐待的な夫から子供を離し、自分も離れるべきです。 しかしながら、そのような場合においてさえ、悔い改めと修復と言う目標で別居の時間を持つのが理想です。 必ずしもすぐに離婚の手続きを始めるのではなく。以上のことを言ったからと言って、それが聖書的な離婚の理由だと言っているのではないことを理解してください。けれど、断じて、そのような状況にある夫婦が同じ状況のまま一緒にいなければならないと言っているのではないのです。 もし自分と子供が危険にさらされているのなら、別居は適切で良いステップです。

この問題を見るもう一つの方法は、離婚の聖書的な理由と離婚と再婚の聖書的理由を区別することです。ある人たちは、以上に挙げた離婚の聖書的二つの理由 を離婚の後の再婚の唯一の理由だと解釈して、他の理由の場合は再婚を許さず、離婚だけを許すと解釈します。この解釈はもっともらしいのですが、みことばを超えて推定していることに近すぎるように思えます。

要約すると、結局聖書的な離婚の理由とは何でしょう?その答えは性的不品行と伴侶の遺棄です。この二つの理由以外の理由があるでしょうか?可能性はあります。離婚は軽く扱われるべきでしょうか?また、最初の反応であるべきでしょうか? 絶対に違います。神は人を変えて、誰でも改心させることができます。神はどんな結婚でもいやして、新しくすることができます。 繰り返し、悔い改めずに 凶悪な罪を犯す時だけ、離婚は起こるべきなのです。



日本語のホームページに戻る



聖書的な離婚の理由は何?